2014年 02月 16日 ( 1 )
2月15日(土)午後7時から約一時間 あおぞら教室保護者会に参加しました。
寒空の北方小学校内放課後教室に十数人の保護者。
一つのテーブルを囲んでぽつりぽつりと出てくる。

ひとつひとつの言葉がスーッと入ってくる不思議。
私どもが日頃気にかけていないようなことを知る。

指導員の先生方と保護者の皆さんの信頼関係は、
こうして確かになっている。声高に言う必要なし。

数人の小さな子供達もなぜか大人しく遊んで居る。
そんな光景から、遠い昔のことを、思い出したよ。

b0014152_06464757.jpg

そう、思えば「あおぞら教室」は文字通り部屋な
し外遊びのみの完全フリー放課後児童クラブだっ
たね。利用料なんてなかった時代よ。無料の児童
クラブね。学校を退職なさった先生方が完全ボラ
ンティアで子供達をみてくださっていたよ。庁舎
の窓外では元気よく走り回る子供達と先生方の姿。

放課後 それがすべてだった。

地域の子供は地域で見守る。いま、
北方町には「地域子供教室」がある。

なぜかしら、誇りに思った。

そして
「あおぞら教室」らしさを呼び戻して行けたら…。

帰り道、そう思ったよ。

武雄市全域が画一的な運営をしなくても好いので
はないだろうか。すくなくとも巨大化する中心部
と落ち着いた周辺部のクラブは、人が違うからね。

クラブ単位で保護者会がどんどん開催されている。

とても好い傾向だと思う。まず地域の当事者の生
の声をひとつところであわせたら、新しい何かが
見えてくるかもしれない。とても好い傾向と思う。







[PR]
by yskkyhh3 | 2014-02-16 06:50