<   2016年 06月 ( 12 )   > この月の画像一覧
Shinto Architecture 聖なる造形 その二
Within the shrine sanctuary are enshrined the deities worshiped at the jinjya.

神社の御本殿には、その神社でお祀りされる神々がお鎮まりになっています。

Here various special ceremonies are observed and daily services carried out.

ここでは年間を通じて様々な祭典が執り行われ、また日々の御奉仕がなされています。

b0014152_5017100.jpg


The architectural styles enjoy the common characteristic of a sense of harmony
which blends in with the surrounding grove of trees and other natural environmental features.

時代ごとの建築様式の粋を集めて、洗練された建築ですが、共通する特徴は周りの森や自然風景に
溶け込むように調和しているところです。

The Shinto shrine can be called a sacred architecture created from within the prayer and
technical skills of the Japanese people.

神社は私たち日本人の祈りと技術とがつくりあげてきた、聖なる造形といえるでしょう。

JINJYA HONCHO : the united association of shinto shrines

神社本庁 「氏子のしおり第35号」より

体重:71.6kg
体脂肪率:25
測定:21日午前4時57分
[PR]
by yskkyhh3 | 2016-06-21 05:00
Shinto Architecture 聖なる造形 その一
Along city avenues and in the valleys formed by bustling urban streets,
wherever the Japanese people make their lives, one will always find a luxuriant
grove of trees.

街並みのなかに、ビルの谷間にも、人々の生活のあるところには、必ずこんもりと茂った
森があります。

The grove is a ritual space for the worship of the deities, and as such is a part of
nature which has been preserved by the Japanese people since ancient times.

森は神々を祀るところとして、古くから日本人が守り伝えてきた自然です。

And it is within such groves that one finds the edifices in which deities are enshrined.

そうした森に囲まれて、神々を祀るための社殿が点在しています。

b0014152_5234899.jpg


At the entrance to a Sinto shrine stands a shrine gate or tore, which indicates that
the space within is sacred ground, a pure place.

神社の入り口には、そこが聖域で清らかな場所であることを示すために鳥居がたっています。

The tori is a common symbol of sacred space to the Japanese, and is not limited to
Shinto alone.

鳥居は神道に限らず、日本人に共通した聖域のシンボルでもあります。

The Shinto can be found standing in deep forests and foothills of mountains, on the
banks of rivers and the shores of the ocean, on islands and reefs - in short, in any object
within nature recognized by the Japanese as harboring the divine.

神社の鳥居は深い森や巨木の傍ら、山の頂きや麓、河岸や海岸、島や岩礁など、日本人が神を
見出す自然の風物いたるところに立てられています。

JINJYA HONCHO : the united association of shinto shrines

神社本庁 「氏子のしおり第35号」より

体重:71.8kg
体脂肪率:25
測定:20日午前5時40分
[PR]
by yskkyhh3 | 2016-06-20 05:42
Shinto's view of nature 自然の恵み その二
Since the Japanese people felt the blessings and workings of the divine within such a broad
variety of natural phenomena, they came to hold the ideal of a life which was in harmony with
and united with nature.

As a result, the rituals offered to the deities were carried out within a natural environment
which banished artificiality.

Evergreen trees full of life-power, rocks and crags which appeared to be the very condensation
of the force of life - it was such natural objects which the Japanese people saw as the locus for
the divine indwelling.

Mountains with heroic peaks and valleys were also viewed as dwellings for the divine,
and the wide sea plain was a garden for festivals held to greet deities crossing from the distant
other land.

The divine spirit dwells in all of nature, and brings joy and bounty to our lives.
Through intimate contact with nature, the Japanese people have continued to imbibe its breath
of life.

JINJYA HONCHO : the united association of shinto shrines

b0014152_19173371.jpg


様々な自然現象に、神々の恵みと働きとを感じとってきた日本人は、自然と調和、一体化した生活を理想と
してきました。そのため神々を祀る斎場にしても、人為性を廃した自然環境のなかに求めました。

生命力に満ちた常緑樹、生命力が凝集したかのような岩や石などの自然物が、神々を祀る依代ともなり、
秀麗な山容を誇る山々にも神々は鎮まり、また限りなく広がる海原も、海の彼方から訪れくる神々を迎える
祭りの庭ともなりました。

あらゆる自然に神霊は宿り、私たちの生活に喜びと恵みとをもたらしてくれます。
自然と触れ合うことによって、日本人は絶えずその生命を瑞瑞しいものとしてきました。

神社本庁 「氏子のしおり第35号」より

体重:72.6kg
体脂肪率:21
測定:16日夕食後19:40

体重:71.8kg
体脂肪率:26
測定:16日朝食前5:30

体重:71.4kg
体脂肪率:25
測定:17日朝食前5:30
[PR]
by yskkyhh3 | 2016-06-16 05:32
Shinto's view of nature 自然の恵み その一
Japan has been blessed with a rich natural climate,
and it enjoys clearly demarcated seasons of spring, summer, fall, and winter.
This continuous cycle of four seasons has provided a richness and bounty to the lives of the
Japanese people.

Deeply indebted to the blessings of nature, the Japanese people came to acknowledge spiritual
powers which brought about life, fertility, and prosperity.
The natural life-power which gave birth to things was called musubi(divine power of growth),
and this divine musubi -namely, a divine nature and power- was perceived in the manifol
workings and phenomena of nature.

The deities were classified by individual names and in accordance with the specific nature of their
spiritual powers, and rituals were carried out in accordance with what was blieved to be the
fundamental nature of the respective deity.
No hierarchy is found among most of the Japanese deities, but they form a single divine realm
centered on Amateras Omikami, a representation of the sun and revered as ancestor of the
Japanese people.

JINJYA HONCHO : the united association of shinto shrines

b0014152_121252.jpg


日本は自然風土に恵まれ、春・夏・秋・冬という四季があります。
四季はその折々に私たちの生活に潤いと恵みとをもたらしてくれます。

自然の恩恵に深くあずかってきた日本人は、自然の中に生命・豊饒・繁栄をもたらす霊性を認めてきました。
あらゆる物を生みなす自然の生命力を産霊・ムスビ(神聖な生成力)という神格で把握し、
また自然の様々な働き、現象に神々のムスビ、神性、霊力を感じとってきました。

これらの神々はここの名前と神徳によって互いに区別され、その本性によって祭祀が執り行われてきました。
多くの神々には序列はなく、天照大御神という太陽にもたとえられた神格を中心に、神々の世界を形成しています。

神社本庁 「氏子のしおり第35号」より

体重:
体脂肪率:
[PR]
by yskkyhh3 | 2016-06-14 01:25
The prayer of shinto 日々の祈り その二
The festival offered in thanks to the deities for their bounty,
and within which people share their joy with others,
have also provided an excellent source of edification for the lives of the Japanese.

By participating in those festivals and serving the deities therein,
people are encouraged to reflect on their own hearts, and establish an even firmer faith.

Since distant times the Japanese people have cherished a cheerful, pure heart. in Shinto,
human beings are believed to be born pure, with a gentle and clear disposition.

Shinto teaches that to be pure is to approach godliness ; indeed, it is to
become one with the state of the divine.

In sum, it is shinto's prayer, shinto's heart, to return to that original human state,
and live a daily life which is at one with the kami.

JINJYA HONCHO : the united association of shinto shrines

b0014152_14172029.jpg


神々への恵みへの感謝を捧げ、またその喜びを人々とともに分かち合う祭り、
そうしたお祭りがまた私たちの社会生活に上で良き経典でもありました。

お祭りに参加し、神々に奉仕することを通じて自らの心を反省し、
信仰心をより強固なものとしてきました。

神道では人間は、生まれながらに清らかなものであり、穏やかで澄み渡った心を持つものと
考えられてきました。

そのため日本人は清らかで、澄み渡った心を古くから大切にしてきました。
清浄さが神々に近づき、また神々の境地と一体化できるものと信じてきたわけです。

そうした人間本来の姿にたちかえり、神々と一体となった生活を日々営むことが、
神道の祈りであり、神道の心でもありました。

神社本庁 「氏子のしおり第35号」より 

体重:71.8kg
体脂肪率:26
[PR]
by yskkyhh3 | 2016-06-13 05:26
The prayer of shinto 日々の祈り その一
Shinto gained systematic from spontaneously, from within the social life of communities.
As a result, it has no specific founder or clearly defined body of scripture.

But since ancient times the Japanese have transmitted the legends and myths of the kami
as a genealogy of their way of life, and the festivals based on those traditions have been passed
from generation to generation.

Using riches of depictive power, Japanese mythology transmits a dynamic portrayal of the birth
of the land, the genealogy of the deities, and the establishment of the nation and its subjection
to peaceful rule.

Within the myths can be found deified nature spirits, noble heroes, and ancestral deities, including
numerous deities of both male and female gender.

From within the epic dramas move around those deities, the Japanese people have learned how
to live as human beings, and thus been entrusted with a core of faith.

JINJYA HONCHO : the united association of shinto shrines

b0014152_6324146.jpg


神道は共同体の社会生活のなかから自ずと体系化されてきたため、特定の教祖、また言葉によって明確化された経典は存在しません。

しかし古くから神々の伝承、神話を民族の生命の系譜として私たちは語り伝え、神々への祭りを世代から世代へと継承してきました。

日本の神話には、国土の誕生から、神々の系譜、そして国家がつくられ、平和に治められてきた様子が
豊かな描写によってダイナミックに語り継がれています。

神話のなかには、自然を神格化した神、英雄神、私たちの祖先神にあたる神々をはじめ、実に多くの神々
が登場しています。

そうした神々が織りなす壮大なドラマのなかに、私たちは人間としての生き方を学び、そして信仰の糧を
えてきました。

神社本庁 「氏子のしおり 第35号」より

その二に続く

体重:70.6kg
体脂肪s率:22
[PR]
by yskkyhh3 | 2016-06-12 06:32
How to offer a tamagushi 玉串奉奠の仕方
A tamagushi is an offering presented to the enshrined kami to express your wish or gratitude.

Receive a tamagushi from a priest.
Grasp the bottom part with your light hand and support the middle part with your left hand.

Hold the tamagushi at chest level.
Then, step forward to the front of the table and offer a small bow.

Turn the tamagushi 90゜ clockwise so that the tip of the leaf points toward the sanctuary.

Hold the best with both hands,
and pray with your whole heart.

Turn the tamagushi 180゜ clockwise so that the base points toward the sanctuary,
and place it on the table.

Afterwards, pray to the kami by bowing twice,
clapping twice, and then bowing once.

b0014152_12224355.jpg


玉串は自らの気持ちをこめて御祭神へ捧げるものです。

玉串の根元を右手で持ち、中ほどを左手で下から添えます。

玉串は胸の高さに持ち。案の前に進み一礼します。

玉串を時計回りに90度回し葉先を御神前へ向けます。

両手で根元を持ち、祈りを込めます。

玉串を時計回りに180度回して根元を御神前へ向け、
案の上に載せます。

そのあと、二礼拍手一礼の作法にてお参りします。


体重70.6kg
体脂肪率22
[PR]
by yskkyhh3 | 2016-06-11 12:23
農業農村工学会誌 Vol.81/No.3 に接して
「既存ストック(ため池群)を有効活用した洪水減災対策」と題されたA3版一枚の
技術レポートを、大変興味深く、何回も何回も読ませていただいているところだ。

大宅公一郎氏と田村和彦氏のお名前がある。本レポートの著者である。

過日、本書について大宅先生にお電話をさせていただいたところ、わざわざ小職
のところにお越しくださり、それこそひざをつき合わせてお話をさせていただいた。

氏の容姿や声質そのままに穏やかでとてもやさしい技術者でこの方面の権威である。

このたびの本著のキーワードは「ため池」「空き容量」「洪水減災害対策」「湛水被害」
「用水の融通」「既存ストック」である。モデル地区として「佐賀県武雄市北方地区」が
モデル地区として紹介されていることから、これから雨期に入る上で、既存の社会資本
を有効活用しながら、当該地域として準備しておく事柄を整理するためのものである。

b0014152_5272129.jpg


まずは、どれくらいの雨量を想定しての検証かということだが、
1/10年確立相当の降雨として「332mm」という数字が挙げられている。

これは3日連続雨量が最大となる3日間を選定し、観測された時間雨量・外水位(六角
川)により排水解析条件から設定されている。

このことから試算して
「ため池の貯水量の約50パーセント程度が洪水調節に利用可能であると推測」された。

さらに検証がなされ
「周辺ため池も含めた地域一体で洪水調節することが有利である」結果が得られている。

地域の主な「ため池」の諸元については下に記す。

1、船木ため池 流域面積33.1ha 満水面積2.8ha 貯水量117.6千㎥ 堤長81.0m 堤高10.5m
2、八竜ダム  流域面積40.0ha 満水面積2.2ha 貯水量 77.0千㎥ 堤長97.0m 堤高10.5m
3、番道田溜池 流域面積17.3ha 満水面積2.8ha 貯水量134.2千㎥ 堤長80.0m 堤高9.3m
4、浦田ため池 流域面積14.7ha 満水面積3.4ha 貯水量 78.2千㎥ 堤長63.5m 堤高5.8m
5、西堤    流域面積73.7ha 満水面積7.4ha 貯水量222.1千㎥ 堤長96.0m 堤高6.8m

六角川の緒元は、小職の思いも重ねているが、
武雄市の西川登町から東川登町を通り武雄町、北方町への西から東へ蛇行しながら有明海へ注ぐ川。

一級河川である。私が子供のころは、「こんなどろどろの濁った川がなんで一級なのか」と単純に思って
いたのだが、親から「当時、水運で重要な川で新橋や高橋は賑わっていたこと。新橋の山田家も質屋で
儲かっていたこと。伯叔父の山田義見さんの話をよく聞いたこと。」など、私にとっても森家にとっても
意義深い一級河川「六角川」なのである。

その六角川は河口から約29kmに及ぶ範囲が「感潮域」となっている。

洪水と潮汐の満潮が重なると低平地部で水害が発生しやすい。
排水機場の能力が及ばない地区では「湛水被害」を被りやすい。

それが、北方町高野農地なのである。
広田川からの越水による湛水なのである。

さあ、雨が降り出した。
今季はどんな按配か。

体重:71.6kg
体脂肪率:19

追記

北方町内ため池がかりの地域区長さん、
生産組合、水利組合、関係者一丸となって
ため池水量の調節を行っていただいている。

「備えよ常に」を、実践していただいていて、
洪水減災ソフト対策への手は尽くされている。
[PR]
by yskkyhh3 | 2016-06-09 05:27
平成18年2月 北方町まちづくり構想(その2)策定業務報告書
いまから十年前に策定された報告書です。

結構言い当てている文章がならんでいます。
今回は、冒頭から引用しながらご紹介です。


1.はじめに

 武雄市、山内町との合併を平成18年3月に迎えるにあたり、北方町の
「新しいみちづくり」と「これからのまちづくり」を新しい「武雄市」のまち
づくりの策定に活かすことが必要です。
 
 北方町は長崎自動車道武雄北方IC、国道34号線及び498号線、主要
地方道武雄・多久線及び武雄・福富線などの幹線道路網の結節点に位置
しており、また34号線バイパス整備計画、有明海沿岸道路整備計画及び
498号線改良計画が実施されると、広域ネットワークの中心地として人、
物、情報の集積や発信拠点として発展していくことが期待できます。

 また、白石町、嬉野町、伊万里市など周辺自治体にとどまらず長崎県北
部まで含めて、さらに広い地域との連携を考えたまちづくりを模索していく
ことで、将来の福岡県、佐賀県、長崎県をブロックとする地域の核として発
展する構想を描くことが求められます。

 本構想は、このような視点から北方町の「みちづくり」をベースとするこれ
からのまちづくりの方向性を地域住民、関係機関、行政などの意見をもとに
まとめることを目的とします。



次のページで「みちづくりの課題」がばっちりと書かれていました。

b0014152_5373165.jpg




2.北方まちづくりへの視点

<中略>

みちづくりの課題

・豊かな暮らしの実現(まちづくり計画との連携)
・通過交通の分散
・国道34号線沿線の活性化
・バイパス周辺の土地利用
・武雄北方IC周辺の活性化
・国道34号線とバイパス間の南北動線の強化
・国道498号線改良の早期実現

<中略>

2-1 新しい武雄市を中心とする広域ネットワーク

 合併後の新しい武雄市を中心に見た場合、広域的には武雄北方ICを中心に
佐世保方面及び福岡都市圏へとつながり、さらに東へ久留米都市圏、熊本都市圏
へと広がっています。福岡都市圏は発展しつつあるアジアのゲートウェイですが、一
方で西の伊万里港においても国際貿易港としてアジアへの結びつきの強化が期待
されています。
 また、予定されている「有明海沿岸道路」の実現によって、佐賀都市圏を中心に、
鹿島市から福岡県南部までの移動時間の短縮や既存道路における渋滞緩和、観
光や物流面における地域間交流の強化や、佐賀空港への利便性が高まることが期
待できます。
 そのような広域的な道路整備は、新しい武雄市においても、周辺及び広域圏にお
けるネットワークが強化され、新武雄市の発展のために大いに寄与するものと考え
られます。



いかがでしょうか。描かれている構想が実現できているところとそうでないところで
はっきりとわかられるかと思います。道路整備の進捗も同様に構想10年からなのです。

ここにきて大事なのは検証かと思います。そう、10年経って、未来に向けての検証です。
10年経って全く変化のない事柄を次の10年の計画に描いても果たして意味があるか。

しっかりと検証しなければならない時期に来ているかと思います。

体重:71.4kg
体脂肪率:20
[PR]
by yskkyhh3 | 2016-06-08 05:37
2005年2月発行 北方町元気なまちづくり基本計画書
合併前、もう10年も前の冊子を手にとって見る機会を得た。
幸いにも当時の私の押印有りの発行当時そのものなのだ。

北方町出身で福岡市に活動拠点を置く
NPO法人タウン・コンパスの東島さんを座長に若手職員が
模索した、正真正銘、手づくりのまちづくり基本計画書なり。

その頃若手だった職員もいまや中堅職員としてバリバリと
仕事をしていてすでに陳腐化している計画書かと思いきや、
いま手にとって読んでみると、なおも新鮮な箇所が随所に。

そんな実感をもったので、ここに改めて抜粋しながらご紹介。

b0014152_20215244.jpg




北方の地域資源を八つの視点から探索されている。

1、地域活動
2、ため池を知る
3、六角川を感じる
4、地名の不思議さを探る
5、北方宿を掘り起こす
6、食の面白さを感じる
7、景観を探る
8、マイナスから知恵を得る

大切にしたい北方の町の地域資源の主な主旨

A、田舎が財産だ
B,食を売り出せ
C,人と歴史を動かせ
D,郷土愛を育てよう
E,自転車や歩行者を含めたネットワークを考えよう

こんなところからブレーンストーミングがなされ基本ベクトルが示され
「元気のある町への新しいきっかけ」の主な内容としてあらわれた・・

A.北の縣、南北、東西の古い歴史の道をもう一度見直そう
B.スローで手軽な食の提供は北方なら出来る
C.高齢化社会でウォーキングのニーズは高い
D.住んでもらって田舎の良さを知ってもらおう、情報発信・・・

で、それぞれのテーマが掘り下げられていく・・・
いまに繋がるコンテンツがちらほら見つかる。

A.交通の要衝であるということ

◎千数百年前の西暦800年代に設置されたといわれる杵島郡庁
◎西暦900年代の延喜式に記載された南北の古代官道と杵島駅
◎近代江戸期の東西を結ぶ長崎街道北方宿と六角川水運の発達

A.1古代官道/杵島の縣

◎古代官道のルートからも杵島駅は北方であると推察される
肥前風土記の記述内容から当時の官道がどこだったのか判明。
九州地方の政治の中心は太宰府。肥前国への道は二つあった。
官道は高来駅から志久峠を越え、まっすぐに烏川内谷を下って、
(元禄古地図の道)掛橋を経て、江湖を渡り富永道から医王寺の
谷から片白、塩田に通じていたと推定されている。志久峠の下、
官道筋には駄飼場、本司給、門田、高見などの地名が残る。

◎杵島郡庁(縣)や杵島軍団も北方説が有力である。
郡には郡司(郡の役人)郡内の行政に従事するための役所が
あって、郡家、郡衛、郡庁、郡院などと呼ばれ、その所在する
地域を郡府と称した。庁院や館舎および倉庫などの建物が
あったとされている。郡はその広さによって大・中・下・小郡に
分けられたが、杵島郡は郷が四つあったことから下郡である。
郡司の定員は、大領(長官)、少領、主張の三人で、その下に
書記や下働きの者、雑役夫がいた。郡司の給与は大領は六町、
少領は四町、主張は二町が職田として与えられるのが一般的
である。肥前風土記(西暦713年)に記載された杵島郡庁の
所在については定説はなく、従来から次の箇所があげられる。

●武雄市橘町鳴瀬
●武雄市橘町片白の官付
●白石町馬洗宮の下
●北方町北方から志久付近

杵島郡には軍団が配備され、杵島駅の存在から、志久から
北方一帯に郡庁・駅・軍団が存在したとみるのが合理的との
ことである。

B-4 交通誘導プロジェクト

国道34号バイパスとの連結性を確保したい
国道34号バイパス整備によって現在市街地が取り残されてはいけない。
バイパスとの東西、南北の結節ルートは確保したい。
さらにJR新駅構想と関連づければ新しい市街地形成も可能となる。

おわりに

バイパス整備による交通の流れの変化に対応すること

バイパス計画は交通量が急増している時代に策定されたものです。
交通量が安定化あるいは縮小する時代にあっては、バイパスの見直し
も迫られる時代になると考えます。
しかしながら現実的にバイパス整備が行われると、旧道側の交通量が
減少し沿道型のサービス業が大きな痛手を被ることも自明です。
となると、旧道側のアピール度やポテンシャルを高め沿道型サービス業
にとって顧客である自動車を逃がさない工夫の立案が必要となります。



というなぞなぞが最終ページです。

北方町まちづくり構想(その2)策定業務報告書
平成18年2月特定非営利法人タウン・コンパス

につづく
[PR]
by yskkyhh3 | 2016-06-06 20:22