<   2015年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧
日本酒入門 たしなみとしての純米酒から
わたしは下戸である。
でも本物の日本酒は
少したしなみたいね。

日本酒は「純米酒」「特別純米酒」から飲もう。
表ラベルに特定名称の表示のあるのが本物。

日本酒の分類には他に「普通酒」があるのだが
「普通酒」とは精米歩合70%以上の米や、特定
名称酒に使われているもの以外の原料を用い
たり、醸造アルコール量が10%を超えるものを
いう。この醸造アルコールは実はエタノールさ。

あえて言う。普通酒は飲まないほうがいいかも。

その理由は
http://naniwamasamune.com/hp/choice/index.htm
に書いてある。そこから引用し参考にしながら記させていただく。

米から作られる日本酒の起源は、はるか数千年の昔にさかのぼる。
今飲まれているような透明の日本酒ができたのは江戸時代から。

大東亜戦争後、そう、終戦後日本国内の米はとても不足していた。
そこで、少ない米から大量の日本酒を作る技法が編み出されたよ。

本物の酒に水と醸造アルコール(Äthanol)を大量に足して作った。
つまり酒を薄めて味を酸味料や糖類などで補った代用品が戦後の日本酒。

先の大戦において伝統的な正統な日本酒までもが解体されてしまったね。

米がないゆえの貧乏は、お酒をしても貧素極まりなくなってしまったのだよ。
そう、米だけで作る純米酒と同じ量の米で、三倍の量の酒が出来たのだね。

これを「三増酒」という。

スーパーなどでよく売られている、紙パックの日本酒や、安い居酒屋などで
出される日本酒がこれ。おそらくいまも大量に飲まれているお酒でもあるさ。

巷で、「日本酒は二日酔いする、悪酔いする」と言われているが
じつはここで言う日本酒とは、この「三増酒」のことだったのね。

ただ、法律改正で「三増酒」は廃止され、今は二倍に増醸する二増酒だとか。
そう、聡明なみなさんはもうおわかりですね。

b0014152_07011625.jpg

本物の日本酒を飲もうということ。

できればÄthanolが添加されていない米と米麹を原料とする特定名称酒を
先ずは飲んでみよう。

純米酒→特別純米酒→純米吟醸酒→純米大吟醸酒の順で飲んでみよう。

体重67.6kg

[PR]
by yskkyhh3 | 2015-06-28 07:02
凡そ半年ぶりにブログに戻ってみた 妙に新鮮よ
タイトルをタイプして、
タグを選んで、
通常編集位置に文字を並べる。

文字を打つ範囲がとても広い。
嗚呼、此処で思考していたよ。

画像を選択して、
アップロードする。

いつも縦構図を選んでしまう。

b0014152_01114307.jpg
たくさんの文章を並べたいときは
やっぱりブログかもですね〜。




[PR]
by yskkyhh3 | 2015-06-28 01:15