<   2015年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧
決してぶれない体幹 〜 全力疾走 〜 最大酸素摂取
股関節を使ったダイナミックな走りと足首固定走法の試行。

さて次は
体幹を決してブラさない。腕の振りと脚の動きのリズムは
シンクロする。だから、腕を大きく振りすぎるとピッチは
間延びして、膝が伸びきった状態で着地する恐れもあるよ。

上半身は体幹をまっすぐに立てて走る。体幹が曲がるとね
背中が丸まって、地面反力を使った高いフォームが崩れる。

また、背中がまるまると、胸部が圧迫されて呼吸が苦しく
なってしまうので、腰を高く維持し、背筋を伸ばして走る。

二番目は最大酸素摂取量のことについて少し

速く走れば呼吸数が増えて、体内への酸素量は増えるね。
でもペースを上げるとあるところで酸素摂取量はMAXに。

そのポイントが最大酸素摂取量で筋肉組織が摂取できる
酸素量の上限で、体重1kgあたり一分間に何mlの酸素を
摂取できるかでしめす。この値が高いほど持久力が高い。

心臓機能も重要。一回あたりに送り出せる血液量の増大。
肺機能と心臓機能を合わせて「心肺機能」と称すのだが。

安全に最大酸素摂取量を知るには「ややきつい」程度で
12分間走るテストがある。あとは公式に数値を入れる。

走行後 体重70.8kg 体脂肪率13 (起床時体脂肪率20)





[PR]
by yskkyhh3 | 2015-01-05 16:40
久しぶりにエキサイトブログで投稿。Runningの定説を学んでいます。
マガジンハウスの"Tarzan"を読んでいます。
走る能力を高めるために鍛え方を学びます。

全部一度にを頭の中に入れてもあれなんで、
今日走る分くらいにとどめて整理しますね。

1、一定の酸素摂取量で走る速度(ランエコ)を高めるために

「膝関節の屈伸を使わないで、股関節からダイナミックに走る。」

両脚の付け根である股関節中心の走りをすること。膝は軽く曲げ
たまま、ヘソから脚を出す感覚で股関節を使う意識を持つ事だね。
そうすると上下動が抑えられ、接地時間短縮する。膝曲げは固定。

股関節中心の動きになれば、着地後に脚で地面を掻くような動き。
地面を掻く動きは大腿部後ろ側のハムストリングスと大臀筋だね。
脚を前に送るのが腰椎と大腿骨をつなぐ腸腰筋だ。どれも大きい。

そう、大きい筋肉を使って走る!

「足首をしっかり固定する。爪先で地面を蹴らない。」

以前新武雄病院に救急搬送された時、左右脹脛がつったのを思う。
ふくらはぎがつるということは足首を屈伸して地面を蹴る証拠さ。
こうなると疲労が溜まって、つりやすくなるので、足首固定だね。

足首固定とは、高い椅子に座って、脱力。足をぶらぶらさせて爪
先が少し下がるね。その時の角度がニュートラル。足首固定角度。

足首固定で走ると足の親指の付け根と小指の付け根を結ぶライン
で着地。着地時は体重の2から3倍の力で地面を踏む。でも地面
は硬いので踏み込んだ力はそのまま身体に跳ね返る。之地面反力。

筋肉の末端は腱となって骨につき、筋腱複合体を構成する。金権
じゃあないですから。この筋腱複合体が着地時に強制的に引き伸
ばされ、縮みながら地面を離れる瞬間に地面反力の弾性を一気に
解放する。このことこそが「弾んで走る」ことの構造なのだよね。

ちなみにこの動きを’Stretch Shortening Cycle'(SSC運動)と
いうらしい。そう、地面反力こそがRunningの推進力なのだよ!

結論

「足首と膝を固定する筋腱複合体をうまく機能させて弾む走行」

午後からの走行で意識し実践してみます。










[PR]
by yskkyhh3 | 2015-01-05 11:08
平成27年 乙未 きのとひつじ 経済絶好調!
あけましておめでとうございます。
今年も良い年でありますように〜。

さて、今年は「乙未きのとひつじ」

乙は草花の芽が曲がりくねってい
ることをあわらす象形文字だそう。

未は木の上に一が乗っかっていて
枝葉が茂ることを意味しているね。

b0014152_21121704.jpg

60年前1955年昭和30年神武景気
真っ只中、「もはや戦後ではない」
の年でありました。ソニーの国産
初トランジスタラジオ、東芝国内
初自動電気炊飯器、カリフォルニ
アではディズニーとマクドナルド
が誕生した年だそうです。私ども
の北方町では北方小学校改築の年
喜ばしい年であったようです。

時は繰り返されると言われます。
実り多い豊かな年になりますよう
祈念申し上げます。

写真:iPhone 5s 12月29日撮影
モデル:秋田犬メアリーちゃん!


[PR]
by yskkyhh3 | 2015-01-01 00:00