<   2014年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧
影の功績 明智光秀 日本の皇室を救った男
シドニー在住のソラヤマさんからまたまたメールが届きました。
こちらもほぼそのままシェアさせていただきますね。

でもですね、
私は明智光秀は百姓に殺害されてはいないという一つの仮説に
大変興味があり、歴史を読むとき私自信の側に置いております。

理由は
1、光秀の首の検分(検死)が明らかではないこと
2、その不確実性を「落武者狩」物語で結ぶことは勝者の論理
3、天子様との位置関係をきちんと整理することで天下統一へ
4、光秀のことが後に「天海」として記されている

常に歴史は、裏切りと大義名分のなかの物語として在り続ける。

b0014152_21042858.jpg

信長の重臣だった明智光秀(あけち みつひで)は主君、織田信長より本心を打ち明けられ

仰天します。


“この世に天子様(天皇)は二人も要らない、この国を治めるのはこの信長だ!” 


信長公は最晩年に「総見寺」を作り “自分を神として崇めよ” と民におふれをだした

ことからして全く作り話でもありません。

「本能寺の変」を起こしたのは、光秀の持っていた近江(滋賀県)・丹波(京都府)の

土地所領を信長がめしあげると云われて、我慢の限界が来たとい説が有力ですが、


実は、

神武天皇から2000年以上受け継がれた天子様をないがしろにして、自分がとって変わる

という大それたことを起こすことに恐怖を抱いたからという説もあります。 


光秀の本姓は源氏でのちに朝廷より惟任の姓を賜り家系は清和源氏の摂津源氏系で、

足軽(百姓)上がりの羽柴秀吉とは身分が違います。


これ以外の説には『徳川家康との共謀』『長宗我部元親の後ろ盾』『天皇家による命令』

など諸説があり謎とされていますが・・・

信長のそばにいた宣教師のルイス・フロイスは、

信長の性格を著書の中で『彼は日本のすべての王侯を軽蔑した』とこう表現しています。


つまり信長は本心では天皇を始めとした貴族たちのことを馬鹿にしていたのは

事実のようです。


その態度にプライドの高い天皇家が激高したというシナリオもありえる気がするのです。 

でも、実行犯は天皇(天子様)の一派でもなく、

まちがいなく明智光秀が単独で「本能寺の変」を起こしたのです。


当時、命令に従わない戦国武将たちを攻略した場合は城主のみならず一族郎党すべて

抹殺するどころか、その一派を徹底的に弾圧するしきたりがあったのです。


もし「本能寺の変」がなければ、信長の命により天子様(天皇)の一族、朝廷を組織する

公家など恐らく何千人の命が奪われ、国中が大騒ぎする事件が起きていたことでしょう。


そして、そのとき、世界一長い記録を持つ日本の天皇制度は崩壊していたかも知れません。


明智光秀という人は、日本の武将の中で「最も卑劣な男」として有名ですが、

日本の皇室を救った男として「影の功績」のある人物なのです。


現在放映されている2014 NHK大河ドラマ「「軍師官兵衛」のなかで、

光秀が「落ち武者狩り」にあい、地元の百姓に殺害される場面がありましたが・・・


光秀が竹ヤリで刺された時に側近達に言います。


“わしのしてきたことは正しかった”

“間違いなかった” 

と叫びながら死んでゆきます。


それは「俺が天子様を救ったのだ!」と言い残してこの世を去って逝ったのです・・・


[PR]
by yskkyhh3 | 2014-08-17 21:43
玉音放送 1945年(昭和20年)8月15日正午 にいたるまでのことを知っていますか。
シドニー在住のTakeshi Sorayamaさんから「シドニー便り」が届きました。

今日は「終戦記念日」についてです。
ほぼそのまま転載します。

b0014152_06184865.jpg

現在、世界には日本を含め、約40数カ国の王国・君主国があるそうですが、
これら現存する王国・君主国のうち、王室の血統が連続している最長の国は
日本の皇室が世界最長です。

諸説があり断定できませんが、日本書紀によると初代神武天皇から少なくとも
2700年以上前から現在まで皇室は続いています。

ギネズブックにも、アメリカCIA公式サイトにも「世界最古の独立国」は日本
になっています。

江戸時代には「東に居るのが公方様。西に居るのが天子様(天皇)」といって、
関東の人は、徳川家を尊敬し、関西の人は天皇陛下を尊敬していたとのこと。

朝廷を組織する公家の頂点に天子様がいて、そのすぐ下に関白の順番、そして征夷大
将軍はこの朝廷から征夷大将軍に任命されていた時代の話です・・・・

その、天皇がなぜ数千年も時の権力者に潰されずに生き残れたのか?
各時代、武力で天皇家を潰そうと思えば潰せたはずなのに・・・・

あれも、これも、すべて「天皇家に対する信仰」があったからという説が一番有力な
ようです。 徳川家康でさえ「天子様」と一目を置いていたのです。

しかしながら、江戸時代の庶民は、天皇の存在なんか知らない人々が大多数であった
とも云われています。 

明治になって明治政府が天皇について勉強する寺子屋みたいなのを 造って日本全国
に天皇の存在を少しずつ広めていった経緯があります。

明治、大正時代になっても「天皇陛下」の存在も知らないひともたくさんいたのは事
実。なぜなら現在のようにマスメディアが発達してなくて、国が一斉に号令をかけ
ことが出来た唯一の手段は「ラジオ」だけでした。それもとても聞こえにくい旧式
ラジオを持っている家庭が殆どでした。

まして天皇陛下の肉声を聴いたことがある人は一般庶民ではほとんどいませんでした。

1945年8月15日 “正午から重大なニュースがラジオで流れる” ということを町内
の幹事の方から聞き、大阪に住んでいた私の両親は、疎開先の故郷の愛媛県今治市
て、不安な気持ちで待機していました。 (大阪の下町で小さな衣料品店を開いていた
のですが、戦災で焼失、母の田舎に戻ったその後)

正午に「重大ラジオ放送」がある旨繰り返し連絡があったので、何か特別な発表ある
ことはうすうす感じていたらしい。

当時、勿論テレビ、インターネットなどなくて、通信手段の民放ラジオ放送もなく、
日本放送協会(NHK)のラジオ一本、そして、天皇様の肉声など誰も一度も聞いたこ
がない時代でした。それが「終戦放送」という千載一遇のタイミングで全国民に一
斉に告知する「玉音放送」が流れたので世紀の一大事件だった訳です。

玉音放送とは天皇の肉声(玉音)を放送することを云うのですが、その放送の内容は
とても難しくて、いきなり “朕” (ちん)と云われても誰もピンと来ない・・・・

しかしながら “耐えがたきを耐え” という昭和天皇による終戦の詔書文言で・・・
どうやら戦争が終わったということを知って愕然としたようです。

ほとんどの国民は、雑音のため内容をほとんど聞き取れず「耐エガタキヲ耐エ 忍ビ
タキヲ忍ビ」という一節のみが田舎の町中を独り歩きしました。

とても難しい言葉だったのでその他の全貌、内容を理解できたのはごく一部の知識人
のみ、 天皇陛下が終戦を決意してわずか1週間後の間に作成した文章でした。

終戦記念日に 昭和天皇の難しい言葉の解説付きを「一生に一度」読み通すのも悪くない
しょう。 

私も、改めて玉音放送(4分余り)をじっくり聞きましたが「降伏します」という言
がないので、これでは、殆どの国民が「敗戦」という事実を十分理解できなかった
思います。

加えて、当時のラジオは真空管ラジオ方式で出力電力も小さく、又電源がバッテリー
や乾電池のため、雑音が入りとても聞きづらいものでした。

www.youtube.com/embed/_Guk7LeDK9s?rel=0
www.youtube.com/embed/_Guk7LeDK9s?rel=0 (4分41秒)   

<http://www.youtube.com/embed/BPX1sNc8Z6o?rel=0>
www.youtube.com/embed/BPX1sNc8Z6o?rel=0  (4分46秒)

情報産業が発達した今日では、昔のアナログ(AM、FM)から衛星デジタル(BS、CS)
に移行、さらには便利な携帯電話(Mobile)、スマートフオーン、iPad, iPhone,iCloud,
ノートパソコン、次世代型4Kテレビなどなど、通信機器の目覚ましい発達に追いつく
のが精いっぱいの世の中になり 日々革新の時代に突入中・・・・

情報手段の方法は、あらゆる点で、昔と、今とでは雲泥の差があります。



玉音放送に至るまでのあらすじ・・・・

我々の世代は、太平洋戦争の経験もない、ましてはこの世に生まれてもいなかった世
代なので、玉音放送など “知らない” のは当然ですが、1945年(昭和20年)8月15
1週間前には壮烈なドラマが皇居にて展開していたのです。誰も知らない一部青年
校達による「クーデター事件」です。

まかり間違えば、二・二六事件(にいにいろくじけん・1936年・昭和11年)以上の大
参事になっていたかも知れませんが、この事件は長い間世間に公表されませんでした。

終戦詔書は「大東亜戦争終結ノ詔書」とも呼ばれ、天皇大権に基づいてポツダム宣言
を受諾する勅旨を国民に宣布するために1945年8月14日付けで発布されました。


大まかな内容は内閣書記官・迫水久常が作成し、8月9日以降に漢学者・川田瑞穂(内
閣嘱託)が起草、更に8月14日に安岡正篤(大東亜省顧問)が加筆して完成し同日の内
に天皇の裁可があり、会議に出席していた当時の内閣総理大臣・鈴木貫太郎ほか各大臣
など合計16名が続いて連署名しました。

緊急、かつ極めて秘密裡に作業が行われた為に、起草、正本の作成に充分な時間がなく、
また詔書の内容を決める閣議において阿南陸軍大臣が「戦勢日ニ非ニシテ」の改訂を求
めて「戦局必スシモ好転セス」に改められるなど、最終段階まで字句の修正が施されま
した。

このため、現在残る詔書正本にも補入や誤脱に紙を貼って訂正を行った跡が見られる
という異例な詔勅(天皇が公務で発する言葉)でした。

玉音放送をプロデュースした下村宏と起草責任者であった迫水久常内閣書記官下村宏
は「ラジオを使って天皇が直接呼びかける」という方法で終戦の混乱をまとめた情報
のプロで元日本放送協会(NHK)会長です。

その他にも「簡易保険の父」と呼ばれた逓信省での功績。定年退職制度の導入、情報
システムの構築による朝日新聞社の改革。

無念の返上となった、幻の東京オリンピック開催のための奔走など、下村宏の成し遂
げた仕事は多岐にわたっています。

しかし、こうした実績の大きさとは反対に、下村宏の名前は、今日ほとんど知られて
いません。

それは昭和初期に活躍した人物の多くが、自らの功績を天皇のものとするために、自
分の痕跡を歴史から消し去っていたのです。

広島に原爆投下された2日後の1945年8月8日、内閣の情報局総裁(当時の日本のメ
ディア王)下村宏が昭和天皇に謁見します。

村宏は強硬な軍部に対抗する秘策として、玉音放送=(天皇陛下ご自身が国民に語
りかけること)を畏れ多くも進言したのでした。

その夜、ソ連が宣戦布告、そして長崎に原爆投下という悲劇。一刻の猶予もなかった
時です。


8月9日深夜、御前会議が始まりました。会議は紛糾したが、首相鈴木貫太郎は異例
の天皇陛下のご発言を求め、昭和天皇は戦争を止める決心。

ついに聖断が下った。8月10日夜、「ラジオ東京」から英語放送で天皇の大権が侵さ
れないという了解のもと、ポツダム宣言を受け入れると呼びかけられた。

米国本土では「日本、無条件降伏」と大々的に報道され、日本国民が知る5日前には
世界中が日本の敗戦を知っていたのです。

玉音放送の原稿でもある「終戦の詔書」の作成は混迷を極め、その案は9種類もの草
稿が重ねられる。詔書の起草責任者は内閣書記官・迫水久常。

迫水 久常(大蔵官僚、弁護士)は終戦への動きを察知した一部の軍部から命を狙わ
れる危険を感じながら詔書(天皇の勅命を下達する文書)原案を作成しました。

御前会議にての昭和天皇の言葉を元にした「耐え難きを耐え、忍び難きを忍び」は迫
水久常の第一案(原案)から既にありました。

「萬世の為に太平を開かんと欲す」や原爆に関する言及はアドバイスを求められた陽
明学者・安岡正篤によって加えられたものです。

国体護持(天皇・皇室制度の存続のこと・・・)が守られるかどうかで、軍では一部
青年将校らによるクーデターの動きが忍び寄ってきました。

8月14日に再度御前会議が開かれ、昭和天皇が「自分の身はどうなってもよい」と二
度目のご聖断を下されます。

8月14日、午後3時、NHKスタッフが宮内庁入り、録音の準備が始められます。
午後4時過ぎ、準備完了。
午後6時から録音開始を伝えられます。

しかし、午後7時になっても始まりません。実は詔書の最終案にもまだ修正が加えら
れていました。完成し、昭和天皇の署名が入った終戦の詔書が完成したのは8月14日
午後8時半でした。

午後11時25分、録音が始まりました。無事に終了しましたが、声がぶれていたので
昭和天皇自らが再度の録音をご希望され、二度目の録音が行われました。

玉音放送の録音が行われた1時間後、近衛師団司令部にて1発の銃声。師団長が若手
将校により射殺されたのです。玉音盤を奪回せんとするクーデター発生。

反乱軍は皇居を出ようとするNHK技術者を襲撃、監禁するが玉音盤は持っていなかっ
た。激怒した反乱軍は宮内庁に乱入、通信網を遮断することに・・・

陸の孤島と化した皇居で玉音盤の大捜索が始まります。玉音盤はどこに隠されたのか。
内庁の侍従が預かり、多数の書類に紛れさせて金庫の中に保管されていたのでした。

宮内庁では外部に連絡を取ろうと模索、海軍武官が海軍省に直通電話を持っていたの
が幸いして、これが田中東部軍司令官の所に緊急連絡し通じたのです。

8月15日の午前6時、玉音放送 を阻止しようとした戦争遂行派青年将校らのクーデ
ターは田中大将 率いる東部軍の手で反乱軍を鎮圧、クーデターは未遂に終わります

1945年8月15日、正午、玉音放送は日本全土に無事放送されて、日本の敗戦が国民に
伝えられたのです。  



以上がおよその “あらすじ” であります。


[PR]
by yskkyhh3 | 2014-08-15 06:20
武雄市役所は最高の職場よ ふらりと市長がいらして快適指数さらに上昇! これ抜群のタイミングなんです。
そうして
大事な局面をまたひとつ乗り越えることができました。

b0014152_06234406.jpg

行き詰る問題に職員間いろいろ話し合ったりしながら
解決の糸口を探して行く作業が続きます。静かに黙々
と進むときもあります。こんなとき何処からともなく
湧く冗談や世間話は硬直した身体をほぐしてくれます。

昨日樋渡市長がふら〜っと私どものところにいらして
ランニングの話しを冗談まじりにほんの数分されたね。

もうこれだけで作業能力急上昇!職場快適指数MAX。
しかも抜群のタイミングですから効果覿面!即効です。

武雄市は議会だけでなく市役所通常業務も劇場型かも。
だから楽しいね〜。とにかく最高の職場なんです〜!

えっ〜、言い過ぎ〜?!
いえいえ本当のことです。

ぜひご自身の目と耳で確かめにいらしてくださ〜い!


[PR]
by yskkyhh3 | 2014-08-14 06:31
仕事にストレスは付き物だが…こういうときこそ笑って楽しく過ごすことを心がけている。
大変な事案、ことが重なるときは重なるよ…。
でもここで踏ん張らなければ仕事にならない。

b0014152_06264030.jpg

そして気持ちの切り替えが上手く出来れば良い。
趣味やスポーツ、娯楽のなかで取り戻せば良い。

健康第一、安全第一。目の前のタスクをひとつ
ひとつ法に則り淡々と粛々と片付けて行くこと。

集中とリラックス、そのバランスに気をつける。



[PR]
by yskkyhh3 | 2014-08-13 06:27
お気に入りの写真は "excite blog" や ”fotologue” に保管されていますから。
昨晩、約7年間使ってきた外付けハードディスクが動かなくなりました。

画像データアーカイヴスの保管場所として、半年に一度くらいのペース
でバックアップをとっていましたが物理的な不具合でデータにアクセス
できなくなってしまいました。不思議なことにあまり後悔していません。

なぜならこれまでブログやフォトログなどWeb上で公開してきた沢山の
画像データが現存しているからです。所にリンク切れがありますけどね。


b0014152_06291585.jpg

最近、Pinterestを使わせていただきはじめました。自分の撮った画像
だけではなく、既に他の方が撮られた画像にピンを押して行くものです。

オーストラリア在住の友達ともこの "pinterest" を介して近況報告でき
ています。今回の件からバックアップは自前のハードウェアに頼らずに、
ウェブを介したサービスに一本化して行くことに決したいと思います。

理由は、印刷系用の大きい画像データは、納品すればそこで完結するし、
一般に公開出来ないような所謂公序良俗に反するような写真はないから。

こういうことから、今後も "excite blog" や ”fotologue” "piterest" に
お世話になろうかと思います。改めてありがとう!インターネット技術!


[PR]
by yskkyhh3 | 2014-08-12 06:29
この季節は小雨のときに洗車するのは良いね。ポロとルポ 足元から綺麗になりました。
自家用車のお手入れは結構時間と体力が要るよ。
だから休日に思い切ってやるしかないのですね。

b0014152_10175355.jpg

先日、母親のフォルクスワーゲンルポのタイヤ
を交換しました。185/55R14 80V ヨコハマ
DNA S.driveさ。妻のフォルクスワーゲンポロ
にも履いていてとてもよく合っていることから
このタイヤを選択。もちろん他にも優れたもの
はありましょう。でもコスト、耐久性、低燃費。

そして私が最重要視するトレッド〜ショルダー
へかけてデザインの美しさと強さが条件です。

さらに綺麗に均等に摩耗して逝くことも大事。

そう、一つの結論。
ポロとルポに一番合うのはYOKOHAMAです。

ポロにミシュランを履いた時期が在りました。
乗り心地は最高に好かったのですがそのぶん
耐久性に課題を残し、以来、横浜タイヤです。

今朝は台風の影響で小雨。洗車に最高の天気。
気分も乗って、ポロとルポの二台洗車と室内
クリーニングを実施いたしました。心地よい
汗をかいたあとに、シャワーでリラックス〜。

テレビで流れる台風11号情報をみながら…。
もうこれ以上、被害が拡大しませんように…。





[PR]
by yskkyhh3 | 2014-08-10 10:23
やっぱり落ち着くところ 例えば "modern mid-century home" というスタイル 数寄は別次元空間へ昇華する
狭い土地に縦に縦に伸びて建つ箱形狭小住宅の対局にあるのが、
モダーン・ミッド・センチュリーだと思うのです。水平ライン。

深い緑に囲まれたゆったりとした宅地にささやかに建つ平屋ね。
私の想像するカリフォルニア郊外の極々一般的な住宅のすがた。

人口減少へ加速するローカルエリアの豊かな住環境へ回帰する。
戦後捨ててしまった「日本の住空間」への追求を取り戻そうよ。

b0014152_06554225.jpg

なだらかな勾配の切妻屋根で低く横に水平ライン強調して行く。
縦の線も横の線も細く見せる、これ "modern mid-century"

日本の数寄の意匠と解け合うところを見つけた感じがします〜。
こんな楽しみを日本国内で実現出来るのは過疎地域しかないね。

さあ街を離れて山へ森へ贅沢な住環境を探しに帰ってみないか。


[PR]
by yskkyhh3 | 2014-08-05 06:59
日本の伝統的な意匠の黄金比を、海外の優れた住宅建築から探しています。

海外の住宅建築に

日本の伝統的な意匠や素材を用いた

優れた作品を見つけるのはとても楽しいことです。


http://www.dirkdenisonarchitects.com


リンク先DDAのキャメルレジデンスはその一つです。


http://www.dirkdenisonarchitects.com/carmel-residence/


このコートヤードハウスは京都町家や数寄屋の影響を相当に受けている作品だと思います。

b0014152_06445377.jpg


下記、少し編集して転載しておきます。


The house sits on a dense site facing Carmel Bay and the Pacific Ocean.

Our clients were keen to be fully cognizant of this amazing setting in all areas of the home.


As such the house was conceived as a central room comprised of the courtyard, living room,

and bedroom, bordered by niche spaces for the kitchen, breakfast nook, office and master bath.


Fully folding doors/walls adjacent to the courtyard from the living room and bedroom literally open the full space up,

and the rhythmic edge of vertical screen elements (solid mahogany and steel) create a loose border that stretches and compresses along its lengths.


Viewed at an angle, the screen reads opaque, but viewed closely or straight through,

the screen is visibly porous allowing both light and air to travel through and across the central space.


All other rooms on the main floor abut this border screen, creating a reference of place throughout the house,

and providing a dynamic reading of visual connections as one moves through the space.


This central heart of the house is protected from strong seawater winds of the ocean by a glass roof,

designed to allow for clear views upward and to maintain a warm center space.


The steel columns that anchor the steel cable and strut trusses are integrated into the vertical wood screen – matching

the changing rhythm and yet independently identified by a deep charcoal color.


When a sweeping breeze is needed, the large sliding windows between the office and the courtyard are easily opened to allow full cross-ventilation.

The house lives and breathes through the courtyard, and our clients live fully in this “large” room, even soaking in the Japanese Ofuro installed beneath

the glass roof to watch the evening sky.


The second floor is accessed by an exterior cantilever stair, which is structurally and materially integrated into the vertical screen system.

Atop the house is a small second floor enclosure between two porches with dramatic views.


This space is primarily used as a meditation room – and the large scooped skylight draws attention towards the changing blue of the sky and movement of the stars. Hidden below the inset Tatami floor is a guest mattress, ready to be revealed for guests to sleep among the cypress treetops.


写真:7月末に撮りました。本文に紹介しているキャメルレジデンスの設計者もこうした優れた造形に魅了されたのでしょう。



[PR]
by yskkyhh3 | 2014-08-04 06:48