<   2010年 12月 ( 32 )   > この月の画像一覧
とても静かな大晦日 天山

いつものお庭から
天山を眺望する。

b0014152_10363450.jpg


清らかで
美しい。

b0014152_1074563.jpg


お犬さまは
いつものとおり。

b0014152_10322082.jpg


庭駆け回ります。

b0014152_11255171.jpg



b0014152_11315695.jpg



b0014152_1036845.jpg


振り返って、天山
右端は、鬼ノ鼻山

b0014152_10444591.jpg



写真:ニコンD200+AF-S NIKKOR 17-55mm 1:2.8 G ED 拙宅庭先にて撮影

昨日の餅つき前のスナップはこちら↓
[PR]
by yskkyhh3 | 2010-12-31 10:16
門松は歳神さまの依代として
例えば、こんな角度から

b0014152_15421142.jpg


スパイラル状に

b0014152_1543618.jpg


降りて・・・。

27日(月)に
美しく
飾っていただいた門松。

本日、
じっくりと拝見させて
いただきました。

素晴らしいです。

外は
みぞれ、時々雪。

餅つきは車庫で
ただいま完了す。

写真:ニコンD200+AF-S NIKKOR 17-55mm 1:2.8 G ED 拙宅玄関先にて撮影
[PR]
by yskkyhh3 | 2010-12-30 15:54
お正月 昆布 するめ
お正月には
昆布とするめ。

白紙、寿の朱
で包むのです。

昨晩準備完了。

b0014152_1033275.jpg


写真:ニコンD200+AF-S NIKKOR 17-55mm 1:2.8 G ED 拙宅にて撮影
[PR]
by yskkyhh3 | 2010-12-30 10:35
上海トーテム レヴィ=ストロース先生 アラン・デルモさん
今朝もソラヤマさんから
センスよいメールが届く。

題名は「上海トーテム」。
ゾクッとする題名ですね。

レヴィ=ストロース先生を拝す。
アラン・デルモさん、最高です。

掲載について快諾くださったので
そのまま、ご紹介します。

ソラヤマさん心から感謝です。
みなさん、お楽しみください。


Shanghai Totem

フランス人カメラマン、アラン デルモ Alain Delorme さんが
2009-2010年にかけて 上海の街で撮影した "トーテム“ 風景です。

彼らの多くは地方から移住してきた中国人ですが、
健脚ばかりでなくて沢山の荷物を運ぶのに倒れないように
バランスを保つ独特の才能がある人々です。

どんな具合にして 「重心を保もつ」のか? 
・・・・ 本当に不思議ですね。

シドニーにこんな「引越し屋さん」「運び屋さん」が出現したら 
さぞかし話題を呼ぶことでしょう。

ともあれ、シドニーはアップダウンの激しい「長崎の街」に酷似なので
しょせん 無理な話、出来っこない相談でしょうが・・・・

余りにも滑稽、おかしくて、こちらの方が倒れそうです。

These pictures were taken by a French photographer,
Alain Delorme in Shanghai throughout 2009 & 2010.

He called the series, Totem.

These couriers - mostly migrant workers from other parts of China - not only need
strong legs but also acrobatic skills to balance these massive loads on their tricycles
& bicycles while on the move.

A lot of you must be wondering where the centre of gravity is in each case.

b0014152_9183013.jpg



b0014152_919061.jpg



b0014152_9191763.jpg



b0014152_9193730.jpg



b0014152_919572.jpg



b0014152_9201675.jpg



b0014152_9203528.jpg



b0014152_9205717.jpg



b0014152_9212240.jpg



b0014152_9214369.jpg







写真:すべてフランス人カメラマン、アラン デルモ Alain Delorme さんが
2009-2010年にかけて 上海の街で撮影した "トーテム“ 風景です。

外は雨と風
元旦は吹雪
との予報。
[PR]
by yskkyhh3 | 2010-12-30 09:22
あっ!モリさんだ 握手して〜! サインして〜!  
なんだかとてもうれしかった。

こんなこと言われたの
生まれてはじめてだったからである。

b0014152_9115229.jpg


武雄市の各放課後児童クラブへ
今年最後の訪問となる28日(火)のこと。

冬休みなので午前8時から開設されている。

利用している児童は、一日中ここで
それぞれに勉強したり、遊んだりしている。

もちろん指導員やアルバイトの先生も一緒。

私が、児童クラブの扉をそろりと開け、
「こんにちは」と挨拶するがはやいか、

「あっ!モリさんだ 握手して〜!」と
全く予期していなかったことにびっくり。

気を取り直して「は〜い」と軽ーい声で
確か4人のこどもたちと握手をした。

子ども達の手は、とても小さくて冷たかった。

続いて、なんと
「サインして〜!」と。

今まで勉強していたであろうザラ紙の裏面と
先の丸まった鉛筆を向けられた。

私は気持ちよく、さらさらとサインをして
依頼した子ども達二人に渡した。

「ありがとうございま〜す。」

指導員の先生方は
一部始終をにこやかにご覧になられていた。

b0014152_9194252.jpg


演出は、指導員の先生?
子ども達自身?
それとも・・・。

いずれにしても
私は今
支えられているのだな。

そう、思った。
外は嵐だった。


写真:iPhone4にて シドニー オブザベートリーヒルからノース地区をみる
親子3人おわかれの夕食後の散歩時(12月22日夕方撮影)
[PR]
by yskkyhh3 | 2010-12-29 09:20
魅力的な家は、シティより一時間のところにある。
これはわたしのささやかな偏見であり、
これまでの人生経験から確信にも近い。

商業施設やオフィスのビルが立ち並ぶ
いわゆるシティは便利ではあろうが、
人がより良く情操豊かに住めるところは
やはり、シティから一時間くらい離れた
ところだろう。

邸宅と呼ばれるそれなりの構えをもつ家は
シティから電車や自動車で約1時間かかるところ
にある。

b0014152_729472.jpg


シドニーの中心部から電車で約1時間かかる
ワルーンガという小さな駅。改札はない。

この駅を中心にところどころにある邸宅は
深い森の中と言えるような、おおきな
樹木に囲まれた庭をもつ、とても良い住宅。

オージーはこういうところに住むのを夢見る。

武雄市でいえば、永尾駅あたりのイメージか。
福岡からの距離感も程よいくらいの所だろう。

b0014152_7331467.jpg


今年の3月末、ワルーンガ駅プラットホームの
大樹のことを
ブログ掲載させていただいたのをご存知だろうか。

そう、その大木がいよいよ撤去されたのだ。
現在の駅はこのとおり。

安全性の確保からこのように整備されている。

管理所有はシティレールなのだが、まちをあげていろいろ意見交換された経緯がある。
ここの住民は自分たちの家のこと以上に、公共のことを思いながらこのまちを愛する。

すばらしいではありませんか。
わたしのお気に入りのまちのひとつです。


写真:iPhone 4でワルーンガで
[PR]
by yskkyhh3 | 2010-12-28 07:44
「ニッポン復活 地方宣言」 録画も視聴させていただいて
鮮烈です。

http://hiwa1118.exblog.jp/12580953/

良かった。
またさらに一歩進んで行ける感じが持てました。

http://tv.yahoo.co.jp/meta/info.html?minnaid=200073&date=20101226&sort=1

特に
大阪府橋本知事はじめ、さだまさしさん、
そして武雄市樋渡市長のご発言はとても
生き生きとしていてまさにリーダーの声。

http://sankei.jp.msn.com/politics/local/101226/lcl1012262108001-n1.htm

http://kimutoshi.jugem.jp/?day=20101226

さすがフジテレビ。
生番組で要人をそろえられた。

映像も音楽もとても良くて、
要人の言葉とともに
ところどころで涙が出てきそうに。

b0014152_7134057.jpg


しかし、
一部のこころない出演者の声や表情やしぐさも
あられもなくオンエアされてしまったのも事実。

興ざめな部分もありました。
8時4分頃です。

「・・・やっぱり、さえない、いなかのおっさん、しちょうさんが、
やっぱり、どうアピールしたらいいかということ・・・」

このあたりの発言はいかがなものかと
たまたま一緒に視聴していた先生はおっしゃった。

わたしも同感でした。

このような日本語を並べられるお方には、
日本でリーダー論云々はご遠慮願いたい。

おそらくご発言のご本人は
問題点がなにかをお気づきではないでしょう。

やっぱりテレビは怖い。
とりかえしがつかない。

そう思ってしまいます。


外は雪。

写真:iPhone 4で撮った セントレナードからの朝
[PR]
by yskkyhh3 | 2010-12-27 07:25
正月は、なぜ1月1日なのか
24日の夜はクリスマスイブで
今日25日はクリスマスの日。

わたしどもの住む日本で
普通にクリスマスを祝う。

そして、クリスマスを過ぎると
お正月を迎える準備にかかる。

どちらも
年中行事としておなじみである。

さて、そのクリスマスとお正月。

ちょっと荒っぽい言いかたをすれば
そもそも両方とも意味合いは同じだ。

そう、
新しく訪れる一年間の農業耕作の
準備に入る節目にあたる訳なのよ。

b0014152_12281133.jpg


冬至は12月22日頃、
太陽暦・グレゴリオ暦である。
北半球では最もお日様が短い。

春分は3月21日頃、
昼と夜の長さが同じ。

その中間点が立春。
太陽暦では2月4日頃

明治5年の太陽暦採用の前は
太陰暦であった。

大雑把にいって
太陽暦からひと月ひくと
太陰暦の月になる。

そう、立春のころは
太陰暦で1月上旬。

このあたりを整理して
1月1日が正月となっている訳である。

お正月は立春のころ
農業耕作準備開始だ。

西洋では太陽暦の冬至が
基準になり、
東洋では太陰暦の立春が
基準になっている。

年末年始はそういった
大切な行事の時なのだ。

さあ、
明日は門松を飾ろう。
子どもたちと一緒に。
[PR]
by yskkyhh3 | 2010-12-25 12:36
上海経由で帰国 オランダからの来客
シドニー現地、引っ越し完了。

たくさんの方々に支えられて・・・。

心から感謝申し上げます。



帰宅したら、レオニダスのチョコが食卓にあったので
もしかして・・・とおもったら、予想的中なのである。

http://www.leonidas-alex.jp/shop/index.html


オランダから
ジュンイチロウおじさんが来てくれていたのだ。

このたびは
会社を息子さんに任せて日本でゆっくりとお正月。

掘建て小屋からはじめられた事業が功を成して
いまでは100名を超える従業員がいらっしゃる。

いよいよ息子さんに
完全にお仕事を任せてのご帰国なのだ。

すばらしい。
[PR]
by yskkyhh3 | 2010-12-25 06:55
お気に入りの場所
シドニー大学近くのカンポスコーヒーから
マクドナルドタウン駅にかけての静かな所



つぎはマーティンプレイス
こちらはいつもにぎやか



ほんのちょっとですがワールンガ



すべてiPhone 4とHague Mini Motion-Camで撮影しました。
[PR]
by yskkyhh3 | 2010-12-22 05:51