<   2009年 07月 ( 39 )   > この月の画像一覧
Wild Boar's Meat 武雄市 イノシシ肉の加工品発表会


アリススプリングス・タウンカウンシルでのインターンシップ中、武雄市へ大きな関心が寄せられた。
なかでも、武雄市の「有害鳥獣対策:イノシシコントロールプログラム」については、
北部準州で話題となっている「キャメルコントロール」と比較されながら質問が集中した。

このたびのYouTubeは
樋渡啓祐武雄市長はじめ加工業者さんの清々しい肉声とあわせ、活き活きとした映像がとても鮮やかだ。

最高級の豚肉と丹精込められて加工されたイノシシ肉のイメージが重なり合う。
今すぐ、肉汁たっぷりのソーセージやハンバーグを頬張りたい気分となる。

精肉加工の技術が高いか否かで、味や風味に大きな差が出るデリケートなイノシシの肉。
キャメルコントロールが本格的になりつつあるオーストラリアから武雄市の動きに同期す。

それにしても、まさに牡丹のようにならべられた美しい精肉である。
[PR]
by yskkyhh3 | 2009-07-31 15:42
連邦政府「年間115億ドルを生む海外留学生教育」だが
オーストラリア留学は大変魅力的だ。
気候的に穏やかで治安もよく安心して学べる。

連邦政府にとっても大きな収益を見込める海外留学生教育分野ゆえに
力が入るところではあるが、その守備範囲の広さからか問題点がない訳ではない。

受講生に不利益にならないように最善を尽くして欲しいと願ってやまない。


シドニーCBDで運営していた海外留学生向け職業訓練学校が経営難で閉校に追い込まれた。
相次いで公表される海外留学生教育機関の不祥事に、
沈黙を守っていた連邦政府がようやく「問題がある」ことを認めた。

閉校したのはDr Dharmappa Hagareただ一人を理事とするSterling College Pty Ltd。
IT、語学、ホスピタリティなどを教えていた。

閉校と同時に管財人も指定。
閉校で、35人の教職員が解雇。

約500人の留学生が何千ドルもの授業料をフイにする可能性もあるが、
Australian Council for Private Education and Trainingなどの機関が
留学生を他の教育機関に斡旋するとみられている。

メルボルンでもカレッジが1校閉鎖したばかり。

29日、
教育相も兼任するジュリア・ギラード連邦副首相は、
一部の海外留学生向け教育機関には、
「低水準の教育内容」しか用意していないところもあると認めたが、
「問題があるのはごく一部」と強調している。

ギラード教育相は、
2009年後半に、オーストラリアの教育輸出産業相手国として重要なインドを訪問。
留学生問題を話し合うことになっているが、
サイモン・クリーン貿易相や連邦首相もインドを訪問すると見られている。

年間155億ドルを生む海外留学生教育。
オーストラリアにとって第三のドル箱産業。

AAPより



b0014152_6294169.jpg


画像はキングスキャニオンにて
[PR]
by yskkyhh3 | 2009-07-31 06:30
NSW州から有害鳥獣対策の現在が読める
有害鳥獣対策の説明をするときに注意しなければならないのが「狩猟」の部分。
「コントロール」にとどめておかないと受け入れてもらえない。


NSW州議会のShooters Party(銃猟者党)が議員立法案として提出していた、
「NSW Game and Feral Animals Control Amendment Bill(NSW州狩猟動物野生化動物退治修正法案)」は、
指定地域で移入種動物の繁殖と狩猟を解禁する条項や、
国立公園内で野生化した移入種動物の狩猟を解禁することなどが盛りこまれていた。

元極右政党ワンネーションのデビッド・オールドフィールド州議会議員が
銃猟者党に同調して話題をまくなどのエピソードもあったが、
法案に対しては、環境保護派だけでなく、動物虐待防止協会(RSPCA)からも批判が出ていた。

しかし、州政府には、州営宝くじを民営化し、その売却収入を州財源に繰り込みたい意図があり、
一時は州政府と銃猟者党とが相互の法案を支持し合う取引も持ち出されたが、
州政府が銃猟者党法案支持を撤回し、後者も州営宝くじ民営化支持を取り下げた。

7月29日、州政府のイアン・マクドナルド一次産業相は、
「国立公園内移入種動物狩猟解禁取引は完全に葬られた」と発表。

「政府はこれまでこの問題を検討してきたが、
銃猟者党が提案しているような国立公園内ので銃猟を支持できない」と語った。

Invasive Animals Cooperative Research Centreでは、
「狩猟動物を野生に放つという考えが理解できない。
ウサギやキツネで懲りているはずではないか」と銃猟者党の法案を批判している。

また、銃猟者党は、「同法案の主要目標は720万頭のキツネ退治だ」としているが、
「狩猟で野生動物保護や害獣退治という考えそのものが時代に逆行しており、
お笑いぐさでしかない」として、銃猟者党の主張を完全に退けている。

AAPより


b0014152_6365054.jpg


アリススプリングス・タウンカウンシルの CEOはとても穏やかな方である。
多用中であっても、柔らかくてゆっくりとした発音で事にあたられていたのが印象的である。

b0014152_6395891.jpg

[PR]
by yskkyhh3 | 2009-07-30 06:40
観光地には「もてなしの名曲」がある


アリススプリングスを訪れたその日の夕食時。
地元の人と輪になってこの歌が迎えてくれた。

'Home Among the Gumtrees'

最高のひととき。
一生、忘れない。





'The Seekers'の'I'll never find another you'は、
ウルルサンライズツアーのバスのなかで夜明けとともに流れた。

名曲中の名曲である。



あわせて'Georgy Girl'も聴き入ってしまった。
セントラル・オーストラリアにぴったりの音楽はこれだ。


[PR]
by yskkyhh3 | 2009-07-29 22:08
Uluru walks, Kuniya Walk
実家に電話が繋がった。
幸い実家には被害はなかったようだが、「高橋」にある叔父の家は床上浸水とのこと。

水害常襲地で地域的に対策が施されているところとそうでないところとの差が
はっきりと表れるのが今回のような状況のときだ。

b0014152_6435893.jpg


ウルルの周り約9.4kmを散策するベース・ウォークをしたかったのだが、
フライトの時間から断念せざるを得なかったので、所要時間50分コースの、
'Kuniya Walk'を選択した。

b0014152_6513540.jpg


登山はこちら↓

b0014152_6523462.jpg


右端から登り始める。
死亡事故は風が強い日に起こるらしい。

b0014152_6535858.jpg


私どもの乗ったバスの乗客のなかで登山を試みたのは日本人観光客親子一組だけであった。
[PR]
by yskkyhh3 | 2009-07-29 06:55
アリススプリングスからのメール
昨日、シドニーに戻って事務所でメールをチェックしていたら、
私が日頃おつきあいさせていただいている留学センターの社長さんや
アリススプリングスの職員の方からのものがあった。

内容は、武雄市出身である小職や家族の安否を気遣ってのものであった。

インターンシップを終えてからこれまでお世話になった方との
メールのやり取りはあったが、
ここまで手前どもの状況を察してのものはいままでなかった故に感慨深い。

水害常襲地であるが故に大方の予想はしていたものの事態は深刻のようだ。
今朝の私の夢には、武雄市の職員とアリスの職員の方々がたくさん登場した。

小職と妻、子供達はいたって元気だが、
念のため、実家に電話を試みる。

しかし、繋がらない。

今日は鎮守様の夏祭りの日。
状況はどうだろう。再度電話をしてみたい。
[PR]
by yskkyhh3 | 2009-07-29 06:27
Kings Canyon Climb 「世界の中心で、愛をさけぶ」
b0014152_63756.jpg


「今立っているほらここ。ここが。セカチューのあのシーンを撮ったところ。」と
レンジャーが妻と子供達に話してくれていた。
もちろん英語なのだが、「セカチュー」は「セカチュー」なのだ。

このとき、崖っぷちのところをおそるおそる歩いていた観光客の顔がほころぶ。
日本の映画の撮影がここで行われたと説明してくれたからに違いない。

b0014152_6403638.jpg


エアーズ・ロック・リゾートを午前5時過ぎに出発して延々とバスは走り続けた。4時間。
キングス・キャニオンで4時間のハイキング。水は必携。

b0014152_6441235.jpg


みどころ満載のキングス・キャニオン・ツアーズである。
帰る途中ではマウント・コナやソルト・レイクも観れる。

雲ひとつない快晴の一日。
贅沢な12時間の日帰り旅行であった。
[PR]
by yskkyhh3 | 2009-07-28 06:47
Uluru Sunset Viewing
b0014152_5523967.jpg


曇っていたのだが、サンセット間近に太陽の光がウルルを照らす。
絶妙のタイミングで色が変わるのが楽しめた。
レンジャーはこのような曇りの日が好きだという。

b0014152_556246.jpg


日本人観光客は全体の約一割だとのこと。
この日は日本人2グループとお会いした。

b0014152_559202.jpg

[PR]
by yskkyhh3 | 2009-07-28 05:59
Kata Tjuta views & Walpa Gorge walk
Kata Tjuta is a Pitjantjatjara word meaning 'many heads'.
The 36 steep-sided domes of Kata Tjuta lie about 32 km west of Uluru-50km.

Walpa Gorge Walk
2.6 km return / allow 1 hour

b0014152_1833819.jpg


一日目はカタジュタのサンセットツアー。

b0014152_1865490.jpg


ウォルパ渓谷の往復一時間の散策は素晴らしかった。
聴こえてくるのは風の音だけ。

b0014152_189713.jpg


風が通り抜けるのを肌で感じる。
[PR]
by yskkyhh3 | 2009-07-27 18:10
Uluru-Kata Tjuta NP, Ayers Rock ウルル、エアーズロック
アリススプリングスから約450キロ南西にウルル-カタジュタ国立公園はある。
子供達のスクールホリデー最終週末を利用して北部準州中心部へ家族旅行。

ウルルは海抜863m。
世界最大級の一枚岩。

ただそれだけなのだが、
一日1000人以上の宿泊施設を有し、年間36万人の観光客が訪れる。

なぜにそんなに惹かれるのか。
それを知りたくて行ってみる。

下記画像はwww.PlanetWare.comより

b0014152_574657.jpg


下記はJAXAより

b0014152_521030.jpg

[PR]
by yskkyhh3 | 2009-07-25 05:22