<   2008年 12月 ( 37 )   > この月の画像一覧
豪州の大晦日
2008年、オーストラリアでの大晦日。
本日午前、息子達は上海・北京へ発ちます。

快晴。室内気温28.5℃、湿度52%。
http://www.25today.com/news/2008/12/post_3012.php

b0014152_4154636.jpg


君たちは真夏のタスマン海を眺めながら厳寒の中国大陸へ。
気をつけて行って来なさい。

b0014152_4181084.jpg


旅先で会う人々には感謝の気持ちを添えて。

オーストラリアへの外国人旅行者、過去20年で最少に | Excite エキサイト

兄弟助け合って旅するのだよ。
無事の帰還を祈る。父より
[PR]
by yskkyhh3 | 2008-12-31 04:19
タスマニア グスタフ・ワインドルファー
オーストリア生まれのグスタフ・ワインドルファー(Gustav Weindorfer)氏。
1912年にキング・ビリー(King Billy)の山小屋を建設。

「すべての時間はすべての人々のために」。
彼はこの地区を国立公園にするため10年間働き続けました。

b0014152_6302443.jpg


彼の夢は1922年に実現しました。
クレイドル山に捧げるワインドルファー氏の信念の歴史。

ダブ湖近くのワインドルファーの山小屋に
その精神は生き続けます。

b0014152_6315832.jpg

[PR]
by yskkyhh3 | 2008-12-30 06:33
タスマニア ボタングラス タンニン
ユーカリプス、レインフォレスト、そしてボタングラス。
タスマニアの植生を特徴づけるボタングラス。

b0014152_5154810.jpg


湖や川は紅茶色に染められるのです。
そう、紅茶とおなじタンニンによるのです。

b0014152_5173341.jpg





b0014152_518238.jpg


このような場所だけではありません。
渓流でも。ほら。

b0014152_5212026.jpg


ボタングラスの根からしみでるタンニンの色なのです。
[PR]
by yskkyhh3 | 2008-12-30 05:22
タスマニア ケシの花 モルヒネ
クレイドルマウンテンへの道すがら。
あちこちでよく見るのがケシの花畑。

ご案内いただいたムラタさんが教えてくださいました。
タスマニアは世界的にも有数の薬用モルヒネの生産地。

b0014152_4452189.jpg


http://www.ajpr.com.au/discovertas4.html

タスマニアの恩恵に与る世界中の人々。
[PR]
by yskkyhh3 | 2008-12-30 04:48
シドニー 正月準備
クリスマスとボクシングデーが終わった。
クリスマスの静寂とボクシングデーからの喧噪。

シドニーに赴任して
どちらも初めての経験。

いま、チャッツウッドはいつもの街に戻った。

b0014152_0111055.jpg


武雄もいつもの様子にもどったようだ。
実家ではお正月を迎える準備が淡々と。

このたびは例年と勝手が違う。
東京に住む妹夫婦の長女ホミちゃんが手伝いに来てくれるらしい。

もうホミちゃんと呼ぶ年齢ではないかもしれないが。
頼もしい限りだ。父も母も楽しみにしている模様である。

夏のシドニーの夜空を眺めながら故郷を想う。
29日シドニー午前2時。日本午前0時。

みんな風邪などひかないように。
お正月をお迎えいたしましょう。
[PR]
by yskkyhh3 | 2008-12-29 00:27
タスマニア レインフォレスト
b0014152_8491117.jpg


タスマニアの植生。
光を好むユーカリは自らの葉を擦りあわせて火をおこす。
ブッシュファイアで他の若い樹種を焼いて自らを守る。

しかし、ここは湿潤地帯。
ブッシュファイアからの難を逃れた日陰に強い他の樹種がゆっくりと成長する。

やがて、ユーカリを追い越し、
光を失ったユーカリプスは衰退する。

ユーカリプスとレインフォレストは100年周期で交代するらしい。
私はこういうタスマニアの植生に惹かれている。

b0014152_853571.jpg

[PR]
by yskkyhh3 | 2008-12-28 09:05
タスマニア Weindorfer Forest
b0014152_7271670.jpg


植物学者が住みついた森。


b0014152_7282052.jpg


氏の名前は'Gustav Weindorfer'
[PR]
by yskkyhh3 | 2008-12-27 07:29
タスマニア ロス村と羊毛のこと
ホバートからロンセストンをつなぐ1号線の中間地点に「ロス」村はある。

「魔女の宅急便」の主人公キキがお世話になったパン屋さんのモデル。
この街にある「ロスベーカリー」がそれではではないかと言われるほど
そっくりのパン屋さんがある。

「ロス」の街はとても小さい。
自動車で3分もあれば通りすぎるくらいだ。

ちいさな街。
魅力的な村。

街の入り口にある「ロスブリッジ」。
そこを「結界」として、ゆっくりと恐れながら入れば感じる。
ビジターにとって魅力的は街とはこういう街をいうのである。

b0014152_1441391.jpg


私の気に入ったアングルから「ロスブリッジ」

b0014152_14511752.jpg


歴史感じさせるメインストリート。
抜群のセンスに息をのむ瞬間です。

b0014152_1459132.jpg


線路を渡って一本向こう側の通りに。
あらら、道ばたに羊さんが。

b0014152_151373.jpg


そう、ここは最高級の羊毛産地。
情報センター入り口のメリノ種の剥製が物語っています。

今日の、豪州の情報はこちら↓
http://www.wool.co.jp/news/woolprices/08-dec19woolprices.html
[PR]
by yskkyhh3 | 2008-12-26 14:35
カタラクト渓谷
あえて険しくて長い道を選んでカタラクト渓谷に向かう。
その遊歩道の名は'Zig Zag Walk'

b0014152_2145360.jpg


こうやって休憩しながら。
ぼちぼちとゴールを目指すのです。
[PR]
by yskkyhh3 | 2008-12-25 21:46
クリスマスケーキのないクリスマス?
25日木曜日
今日はクリスマスの日。

シドニーの街は伽藍と成るらしい。
ちょうど東京のお正月に似た状況だろうか。

昨日24日は、クレアシドニー事務所は通常勤務。
いつもの時間でいつもの場所を歩いているのにすでに人は少ない。

クリスマスの25日は
オフィスはもとよりデパート、スーパーまで閉まる。

人はどこにいるのかと言えば、家庭の中。
実家がある人は、実家に戻る。

現地採用スタッフもキャンベラやブリスベンでクリスマスを過ごすらしい。
シドニーに実家があるスタッフも親戚の家に行ったりする。

もっとも、こちらオーストラリアは夏真っ盛りなので、
ビーチでゆっくりする人も多いと聞く。

日本のようにクリスマスケーキを売っている所はない。
ケーキは自宅でつくるものらしい。

あれれ、アジア系スーパーの業務用換気扇がまわりだした。
どうやらチャッツウッドあたりは完全休業とはならないようだ。

クリスマスケーキもあったりして。

b0014152_5552032.jpg


写真はタスマニアの所謂「レインフォレスト」のなか
[PR]
by yskkyhh3 | 2008-12-25 05:56