<   2008年 11月 ( 36 )   > この月の画像一覧
日本語でしゃべらナイト
昨晩はJETAAシドニー支部からのお誘いで
「日本語でしゃべらナイト」に参加した。

日本語を学ぶオージーとの夕食会なのである。

当初、クレアシドニー事務所から申込をしたのは私だけだったが、
さすがに日本人の人数が少なく、事業実施が危ぶまれたのだろう。

JETAAシドニー支部からの依頼をうけるかたちで、
池田所長の呼びかけで総勢9名でのボランティア参加となった。

ひとつのテーブルに日本人が3名、オージーが2名着席して、
和やかな会話。

ひょんな事から、「ブラックフライデー」の話になった。
私が昨日ブログのネタにしたのはガセネタではないかとのこと。

出所をあかせば25プレスからの情報なのだが、
まあご愛嬌という事でさらりと流していただきたい。

でもね。こうしてサイトにも↓
http://www.ipodnn.com/articles/08/11/28/black.friday.at.app.store/

とまあ、こんな他愛もない話で時間は過ぎる。
と同時に、世の中とても狭いのだと気付く。

すんでいる地域や職場がとても近かったりして、
気持ちもすぐに近くなるのだ。

こうして、またお近づきになれた方々。
こんごともよろしくお願い申し上げます。

日本クラブの下川さん、いつもありがとうございます。
たいへん楽しいひとときでした。
[PR]
by yskkyhh3 | 2008-11-29 07:20
ブラックフライデー
年末商戦の幕開けは感謝祭明けの金曜日。
「ブラックフライデー」なのだ。

今年は11月28日がその日。
つまり今日。

「赤字の小売店もこの日だけは黒字になる」
そうだ。

小売り各社は今日から一斉に大規模セールを始める。
クリスマス商戦突入のシドニーなのだ。

ちなみにアップルのサイトは↓
http://store.apple.com/au

「パソコンは買わんよ!学費ばはらわんばけんね!」と妻が一喝。
「はい。」
[PR]
by yskkyhh3 | 2008-11-28 06:06
例えば、負の情報。
http://www.greenpeace.or.jp/campaign/forests/tasmania/

観光業に力を入れるタスマニアにとって必ずしも
良い印象を与えない情報が上記ではなかろうか。

昨日、ヨシカワ次長から上記のサイトを教えてもらった。
「地球の歩き方」には決して掲載されない内容である。

サイトについて
問題点の指摘はそれとして、
解決の糸口やこれからの展望への誘導が
その事業規模からして、
私には理解し難いところで、残念に思う。

ところで
出張でシドニーからブリスベンまでの飛行機に乗ったとき、
どこまでも続く深い深い森林を目の当たりにした。

その自然と資源の豊かさに圧倒されたそのときの私は、
直感的に「(資源は)あるじゃないか。」と思ってしまった。

物事を上から見るとこのように感じてしまうのであろうか?

タマー地区。興味深いところなのである。
まずは現状把握からか。

b0014152_4545022.jpg

[PR]
by yskkyhh3 | 2008-11-28 04:56
観光はひとなり
旅の楽しみはなにか。
それは、人に会える事である。

風光明媚なところに行っても、
すごいアトラクションがあっても
そこには必ずや人がいる。

そして人を介して旅の醍醐味は感じられる。
幸せな人に会えば、幸せな気分になる。
陽気な人に会えば、陽気になれる。

悲惨なところにいけば、旅人の表情も悲しくなるのだ。
深刻な問題をかかえているところにいけば、深刻になる。

視点を変えよう。

幸せな旅人を招きたいのなら、幸せな気分でいよう。
陽気な旅人を招きたいのなら、陽気な気分でいよう。

ただそれだけのことであり、永遠のテーマだと思う。
市民一人一人のホスピタリティー。

b0014152_5551615.jpg


観光業はイメージ。
イメージがすべて。

かな。
[PR]
by yskkyhh3 | 2008-11-27 05:55
やっぱりね。ちょっと気になる情報
http://www.47news.jp/CN/200811/CN2008112501000864.html

http://kyoto-np.jp/article.php?mid=P2008112500197&genre=A2&area=K00

上記二つは仕事柄ちょっと気になる。
この感じでは新しい過疎法もありかな。

b0014152_53758.jpg

[PR]
by yskkyhh3 | 2008-11-27 05:37
タスマニアの林業
タマー地域は降水量も多いことから林業が盛んであるらしい。
なかでも1875年創業のGunnsは豪州最大手。

べニア、ウッドチップの製造販売を行う。
ウッドチップ事業は1970年からスタート

当初は日本企業数社との合同事業としてはじめられたそうだ。
現在、Gunnsが生産するウッドチップの90パーセントが輸出である。

そのうち75パーセントから80パーセントが日本向け。
チップはカットしても日本とは切っても切れない関係だ。

ウッドチップ工場ではパインとユーカリの2種類から製造する。
それぞれ専用の港をもつらしい。

今次は持続可能な木材利用ということで植林業にも取り組む。

林業政策に関しては、TAS州政府、連邦政府ともに
民間企業による州北部でのパルプ工場建設計画を承認済み。

総工費約19億ドルとのこと。

ラッド政権も同計画を支持しているが、
ウィルダネス・ソサエティー等の
環境保護団体は建設反対運動を展開しているそうだ。
[PR]
by yskkyhh3 | 2008-11-26 17:15
ホワイト・リボン・デー
今日は11月25日。
ホワイト・リボン・デーとのことだ。

家庭内暴力の撲滅を謳う日なのだ。


11月25日は、家庭内暴力防止を謳う「ホワイト・リボン・デー」に指定されている。
VIC州でもNSW州でも殺人事件のうち家庭内暴力関連がかなり高い部分を占めている。

VIC州政府は、360万ドルと4年をかけて、悪循環を断ち切る調査を開始する。
州政府のロブ・ハルズ司法長官によれば、
ケース・スタディは、州検視官事務所が担当する。

2005年度の州内殺人事件の43%が家庭内暴力(DV)関連だった。
オーストラリア全体の殺人事件は7年前に比べて約3分の2程度になっている。
しかし、家庭内暴力による殺人事件はほぼ変化なしである。

ハルズ長官は、
「これまでの調査で、殺人はいずれも予想可能な過程を経ている。
調査で、殺人に至る過程を断ち切る制度を確立したい」としている。

一方、NSW州でも2007年度には家庭内暴力関連の殺人が29件起きている。
過去10年間の最高だった。
また、家庭内暴力関連の暴行事件も27,000件が警察に報告されている。
暴行事件全体の30%にのぼっている。

州オンブズマンのブルース・バーバー氏は、
州の法体制、警察活動、社会福祉制度の見直しを要求している。

バーバー氏は、
「家庭内暴力関連の殺人事件では、往々にして、予告的な脅迫がある。
手近に凶器があり、抑鬱症、ドラッグ、アルコール中毒の履歴が見つかる。
このような兆候を判断し、殺人防止に努めることが重要だ」と語っている。

(AAP)

[PR]
by yskkyhh3 | 2008-11-25 05:32
フッ素入り水道水
オーストラリアの水道水にはフッ素が入っている。
このことは、前にも紹介させていただいたと思う。
(QLD州は入っていないらしいが。)

もうすぐ市販のミネラルウォーターにも加えられるというので
ここで改めて紹介させていただきたい。

水道水1リットル当たり1ミリグラムのフッ素。
虫歯予防のためだ。

フッ素を体内に入れることで健康被害はないのだろうか。
豪ニュージーランド食品安全局によれば、その懸念はないとの結論だ。

飲料の業界団体に添加を承認しない理由の提出を求めた。
この動きは、豪歯科協会などの要請にも一致する。

飲料水大手コカコーラ・アマティルでは
承認後にフッ素入りの新製品を売りに出す模様。

フッ素入りのコカコーラ。
なんだか不思議な感じだ。
b0014152_4371347.jpg

[PR]
by yskkyhh3 | 2008-11-25 04:37
ゴンドウクジラ@タスマニア
仕事がら、タスマニアのニュースには敏感になっている今日この頃です。


11月22日朝、
TAS州北西部スタンリーに近いアンソニーズ・ビーチで地元の女性が砂浜に大量に乗り上げているクジラを発見、
州公園野生局に連絡、
同局が地元ボランティアに連絡して救助が始まった。

乗り上げたのは確認された頭数だけで65頭、
そのうち52頭はすでに死んでおり、
ボランティアは、麻袋を生きている13頭にかぶせて、太
陽の紫外線が当たらないようにする他、
バケツで海水をかけて皮膚が乾燥することを防ぎながら、
23日朝の満潮時を待った。

同時に4WDでクジラの死体を移動し、
生き残っている13頭を何か所に分けて集めている。

スタンリー周辺ではクジラの砂浜乗り上げは珍しくなく、
22日も州政府職員14人が現場に急行、
座礁クジラ救出設備も州全土から集められている。

また、乗り上げの起きた地域は荒々しい自然の海岸線が延びており、
一般市民が安易に押しかけるのは危険として、
自制するよう呼びかけている。

ゴンドウクジラは、
イルカ科だが、
専門家は、ゴンドウクジラの行動様式はクジラに似ているとしている。

ゴンドウクジラ(ゴンドウイルカとも)の英語名はpilot whaleで、
大量に浜に乗り上げる習性からその名が付いたとも言われているが、
その原因は未だに明らかになっていない。

(AAP)

[PR]
by yskkyhh3 | 2008-11-24 06:36
新発見 国際ニュースサイト
今朝、グーグルのアラートが立っていたのでチェック。
カンタス機の不具合で急遽出発がキャンセルされたという。

私どもが出張で通常使っている会社である事から
気にならないではない。

で、
この記事を読んだサイトがとても見やすいのだ。
そのサイトとはこちらである↓

http://www.afpbb.com/
国際ニュースコミュニティーとの事である。

エキサイトブログとは写真の共有ができないようだが、
今後利用させていただきたい。
[PR]
by yskkyhh3 | 2008-11-24 05:39