<   2008年 06月 ( 46 )   > この月の画像一覧
ガソリン高でラッド政権に陰り!?
NNA News Headlineによれば、

ビクトリア(VIC)州ギップスランド選挙区での補欠選挙では、野党国民党が得票率を7.25%も引き上げる大勝。
ラッド首相は、消費者の物価高に対する不満が与党労働党候補の敗因の1つと認めている。



国内各都市では先週、無鉛ガソリン価格は1リットル当たり166豪セント前後にまで。
全州都の平均価格は26日観測史上最高の同165.9豪セントを記録。
燃料価格調査会社モーター・マウスの発表から、
27日午後3時には
シドニーが同 165.9豪セント、
メルボルンが同167.4豪セント、
アデレードが同166.7豪セント、
ブリスベーンが同157.6豪セント、
パースが同159.4 豪セントとなっていた。

VIC州ドライバー団体RACVのカミング氏は、
向こう2週間にわたってガソリン価格が160〜170豪セントの間で推移すると予測。

ディーゼル燃料に関しては、さらに状況が厳しい。
シェルによると、
北部準州ダーウィンでの27日の価格は1リットル当たり188.9豪セント。
西オーストラリア州の遠隔地になると、
同200豪セント弱にまで上昇していた場所もあったという。

カミング氏は、現政権が自動車所有者に対する公約を無視し続けていると指摘。
「(自動車燃料についての)税制変更が価格を低下させる唯一の道」と訴えた。

とのこと。今後の動向に注目です。

↓写真はチャッツの駅。
6月30日(月)あたらしい改札へ
急ピッチで工事が進む29日夕方撮影。

b0014152_5552615.jpg

[PR]
by yskkyhh3 | 2008-06-30 05:57
ジェノラン・ケーヴ
シドニーで鍾乳洞といえば、ブルーマウンテンズ国立公園にあるここ、
ジェノラン・ケーヴである。全部で9つの鍾乳洞がある。

カトゥーンバからさらに1時間半かかる。
動物園からエコーポイント、鍾乳洞を日帰り。

ケーヴについて解説が充実しているサイトはこちら↓
http://ab.ab-road.net/GUIDE/REPORT/00408.html

b0014152_19101086.jpg



b0014152_19112283.jpg


老舗ホテル「ケーヴハウス」のフロント↑もこのとおり。いい味出している。

2泊から3泊して9つの鍾乳洞を制覇した強者に会った。
這いつくばって、泥だらけになって探検する洞もあるとか。

b0014152_19255293.jpg

[PR]
by yskkyhh3 | 2008-06-29 19:21
フェザーデール・ワイルドライフ・パーク
シティから約45分でフェザーデール動物園。
ブルーマウンテンズ国立公園に行くツアーはここに寄るのが定番。

b0014152_1831617.jpg



b0014152_1833660.jpg



b0014152_195661.jpg

[PR]
by yskkyhh3 | 2008-06-29 18:04
ブルーマウンテンズ エコーポイント
夏、秋、そして冬とエコーポイントへ。
妻と子供達は初めてのブルーマウンテンズ。

楽しいバス旅行なのであります。

b0014152_1732123.jpg



b0014152_1741151.jpg


入り口付近にワイン屋さんがあります。
ここのデザートワインがおいしいとツアーガイドさんから聞いたので、早速試飲。

なるほど、これは美味い。
おすすめです。

一本$25のものと2本で$24.95のものとがあります。
ぜひお試しあれ。
[PR]
by yskkyhh3 | 2008-06-29 17:32
The No Asshole Rule
オーストラリアは好景気である。
このまえ某企業のNさんと話していたら、
今やオージーは昼食に平気で20ドルから30ドルをかけ、
ディナーはひとり100ドルかけるのだそうである。

わたしども日本人はその半分以下なのであるが・・・。


成長しつづける企業の組織行動学。
それは、
'The No Asshole Rule'「アスホールを許さないルールづくり」


グーグルは規律あるフレンドリーな雰囲気で優秀な人材を引きつけ、
なおかつ急成長を遂げている。


なるほど「フレンドリーな雰囲気」。

b0014152_5221342.jpg



「アスホール1人の存在で企業が被る損害額は、人件費は別として、年間最大16万ドル(約1600万円)にも上る。」のだという。
1人いるだけでも「周囲の生産性は落ち、同僚は辞め、特に管理職にいる場合は、深刻な訴訟問題に発展することもある」ためだ。



「パワハラ上司に、ゴマすり同僚、無気力部下、
そんな“アスホール”は洋の東西を問わずどんな企業にもいるものだ。
しかし、それを組織の宿命と思ってはいけない。」
と説くのは、
組織行動学の世界的権威、
ロバート・サットン スタンフォード大学教授である。



「アスホールは波及性があるので、周りもアスホールになる。
アスホールの前では誰でもアスホールになる。
組織行動論でも実証されている傾向にある」。
さらに、
「日中アスホールを相手にしていると、
夜帰宅しても家族との生活に悪影響を与えかねない。
社会倫理的な観点においても、
企業はアスホールの存在を許してはならない」
とサットン教授は説く。


じゃあどうすればいいかという事で、
教授があげるのがグーグルのが掲げる社是

'Don't be evil'

そう、アスホールってその人自身では気づかないから厄介なのだな。
わかっててやっていたらそれこそ怖い。
被害者の心中や周囲の気持ちをおもいはかる余裕があればいいのだが、
余裕ある環境で仕事をさせてくれる企業はそう多くはないのが現実だろう。

今こそ、この「組織行動論」に近寄ってみるべきなのかもしれない。
トップから社員全体、
笑顔の絶えない職場を持つ企業はきっとうまくいっているはずだ。

じっさい
私はそういう優れた上司や同僚を何人も知っている。

共通点はいつでも笑顔。いつでもにこやか。
人が見ていようがみていまいがいつも顔がリラックスしている人だ。

こういう人と仕事ができれば、幸せこの上ない。
こっちの顔まで優しくなれるから。
[PR]
by yskkyhh3 | 2008-06-28 05:18
従量制で64kもまた好し
ホームユースのインターネット接続サービスは
オーストラリアにもたくさんある。

最近、プロバイダ数は淘汰されてずっと減ったという話だが、
それでも多い。

3月4月でその選択に相当の時間をかけたが、
結局どこも似たり寄ったりのサービスだった。

日本とはサービスの仕方がちょっと違う。

契約したダウンロード料を超えると
翌月の請求日まで速度が制限される。

64kである。

日本では信じられないようなスピードだが、
オーストラリアはこれがホームユースのインターネット事情。

ちなみに我が家の5月の使用量は

Total peak bytes up    5241.946 MB
Total peak bytes down  31072.073 MB
Total offpeak bytes up   1935.802 MB
Total offpeak bytes down 19788.785 MB

ダウンロード量で約50GBくらいだろうか、
ピーク時のリミットが30GBの商品だったと記憶する。

ダウンロード量が契約量を超えているので速度制限がかかり、
64kの速度での作業環境なのである。

This is a courtesy email to inform you have reached your MySoul ADSL service monthly
usage allowance.
What happens when I reach my monthly usage limit?
When you reach your limit, speed will be reduced to 64kbps for the rest of the
calendar month. On the 1st day of the following month your service will be returned
to normal speed.
How can I monitor my usage?
Check your usage by going to www.mysoul.com.au and log into the web mail portal.

親子で端末3台使用しているので、これくらいの使用量が普通なのだろう。

b0014152_2265882.jpg


10年以上前のことになるが、
豪州のコンピュータ教育やインターネットインフラは、
実は日本より進んでいたと聞く。

このブログにたびたび登場するマキさんによれば、
「MS-DOSを小中学校でやっていた」そうで、正直びっくりした。
日本ではごく一部の愛好家で使用されていたパソコンの頃の事である。
小中学校にパソコンがなかったころである。

なるほど、インフラはともかく、
ウェブコンテンツのセンスと使いやすさは日本のそれより遥かに高いと思う。

やはり教育か。
[PR]
by yskkyhh3 | 2008-06-28 02:39
暴言で辞職
労働党のニール議員が議会委員会の会長職を辞任したそうである。

「暴言を吐いた」とのことが報道されてからで、
シドニー北部ゴスフォードの
「イグアナ・ウォーターフロント・バー」でのことである。

ゴスフォードは江戸川区と姉妹都市提携している。
こういったことから少しこのあたりの事を。

ニール議員の夫はNSW州の教育相。
夫とともに、暴言を吐いたそうである。

どうやら、問題はほかの所にもありそうである。

ニール議員の元スタッフであるバッテン氏が
放送局ナインの番組「カレント・アフェア」で
同議員から供述書の一部削除を指示されたことを
暴露したとか。

州警察が調査を進めているようだ。

b0014152_4334186.jpg


暴露とか暴言とか。
いやいや全く。
[PR]
by yskkyhh3 | 2008-06-27 04:34
世界の挨拶
今日は「あいさつ」について

初めて会うときのあいさつ、作法。
日本では、お辞儀をする。
オージーは握手をする。

タイでは手を顔の前で合わせて、お辞儀する。
ラテン系は抱き合い、頬を合わせる。
フランスでは、キスとほほを合わせる。
エスキモーは鼻と鼻をくっつける。
マオリは額と額をくっつける。

などなど。
世界各地でいろいろな挨拶のスタイルがある。
挨拶はとても大切だ。


時代は1862年江戸時代末期のお話。
挨拶がうまくいかなかったが故の事件か。

薩摩藩士がイギリス人を殺傷したいわゆる生麦事件、
江戸から京都にむかう薩摩藩の行列に
イギリス人が乗馬のまま横切った。

薩摩藩士たちは道を譲るよう身振り手振りで誘導するが、
イギリス人には意味が通じなかった。

これに怒った藩士が斬りかかる。
イギリス人は死傷。

イギリスから薩摩藩に関係者の処罰と賠償の要求。
薩摩藩はこれを拒否。

翌年、薩英戦争勃発。

b0014152_352197.jpg

[PR]
by yskkyhh3 | 2008-06-27 03:54
JETAAシドニー支部との意見交換会
昨晩はジェットプログラムの卒業生で組織する
JETAAシドニー支部の役員の方々との意見交換会だった。

会長のシャロンさんはじめ11名のかたがたと、
クレアシドニー事務所からは池田所長はじめ10名の
計21名の意見交換会となった。

役員皆さんお一人お一人とお話しするにつれ、
クレアの仕事はJETAAの協力なしでは成り立たないなと
あらためて感謝の念を抱いた次第である。

そしてもう一つ、
私の方から事例紹介もさせていただいた。

それは、「USAではエッセイコンテストをしている」という紹介である。
私自身、クレアの東京事務所で昨年この事例に接し、大成功であったことから、
こちら豪州でもこのコンテストが実現されないものかとかねてより思っていた。

同僚職員もそのように考えていたようで、
いい機会だとおもって昨日話してみた。

会長と会計担当のデビッドさんほかケイトさんに話しかけたが、
反応がとてもよく、アメリカでの事例を紹介して欲しいとの事。

早速、要項等をつないでみたい。
ニューヨーク事務所の同僚職員よろしくお願いしますよ。

http://fotologue.jp/morikazuya#/1670855/3576330

↑日本で撮ったFOTOLOGUEです。ご笑覧ください。
[PR]
by yskkyhh3 | 2008-06-26 06:46
先生からほめられる
「よく勉強している」とほめられたらしい。
次男は年齢より一つ上のクラスに行っている。

にもかかわらず、
宿題きちんとこなし、テストの成績も良いとのこと。

IECの先生方に心から感謝申し上げたい。
これからもよろしくお導きください。

b0014152_6291551.jpg

[PR]
by yskkyhh3 | 2008-06-25 06:29