<   2006年 05月 ( 28 )   > この月の画像一覧
ケイ酸
b0014152_6413392.jpg

ここら辺をクリックしてみてください。



[PR]
by yskkyhh3 | 2006-05-31 06:41
朗読 「折口信夫先生と中沢新一先生」
b0014152_21371769.jpg

ここら辺をクリックしてみてください。



[PR]
by yskkyhh3 | 2006-05-29 21:39
休日
b0014152_16231347.jpg

ここら辺をクリックしてみてください。



[PR]
by yskkyhh3 | 2006-05-28 16:24
Wikiの可能性
ブログにコメントいただいたことから、一つひらめきました。

これからはWikiがいいみたい。
プロジェクトのツールは、BlogもいいけどWikiはもっといい。

同じボードで、加筆・編集が時空を超えて自由にできるところがいい。
ネット環境さえあれば、みんなで作業できるところがいい。

ブログは執筆者が書いたことに間違いがあったりすると、
管理者が後から訂正しなければならない。
また、担当の色も入ってしまう。

もっと確実に、効率よく作業できる、わっかもんの道具。
ウィキの可能性を模索しよう。

時間や場所を選ばず、随時プロジェクトが進行出来る。
情報がオープンならばいいとおもう。

日時を決めて、顔と顔を合わせた会議をしょっちゅうするのは今風ではないかも。
みんな多用なのだから、時間は有効に使いたいでしょ。

「ご一緒させていただいた者」さん。ありがとう。
おかげでひらめきました。

「ブログ担当」は再考しよう。
考えを整理して、今度の会議で提案してみたい。
[PR]
by yskkyhh3 | 2006-05-27 08:27
武雄のために
わっかもんプロジェクトチームが始動しました。
実に楽しいのです。

私たちは子供の頃から、「遊び」から何か大切なものを見つけてきたような気がします。
第1回は童心に帰れる時かな。

会場に集まった全てが活き活き。新鮮です。
新聞記者・ケーブルTVの担当者のみなさんも笑顔で楽しそう。

私が座った席は、事前に用意されたカテゴリーに入っていない人の席。
いわば「何でもあり」のところなのです。

最初は、副市長と私と二人なのかなと思っていたのですが、
結局11名が座りました。

ブレインストーミングの作業(イメージした言葉や内容を紙に書く)では、
いろんな言葉がでてきて、
限られた時間で内容を整理するのは至難かと思われる状況。

こういうときにいるんですね。才能ある人が。
その人とはNさん。普段はデザイン企画のお仕事をされています。

並べられたピンク色のカードを、ポンポン飛び出すみんなの意見を聞きながら、
自分自身の言葉と文字で整理?し、テキパキと、どんどん並べていくのです。

普通に考えれば到底繋がらないような言葉でも、つなげていく。
素晴らしいセンス。あら、出来た!?

で、発表。1分間の制限時間が短いくらいの熱弁。だけど、これでいいのかい?
こう思ったところで、タイミングよく、進行役(お世話係)から、いじってもらいました。

「皆さんわかりましたか?」で、会場からは「笑い」をもらいました。
流石です。気が利いて。会場が盛り上がる進行とNさん。
これで私どもの班もすくわれた感じ。

Nさん座長で「しゃーびゃーすっ隊」の誕生です。
それはユーモアとともに産まれました。

追記:

帰宅途中の車中で同僚職員から良い言葉が出ました。
「しゃーびゃーすっ隊」よかですねみたいな。
こんな感じだったかな。
[PR]
by yskkyhh3 | 2006-05-26 07:08
オーガニック
昨晩、N君が遊びにきてくれました。
話題は肥料について。

LOHASの活動から、有機栽培で使える肥料について、
法的な面も含めて、ちょっと深くしらべてみるとのこと。

オーガニック野菜を作る過程で、何かお役に立てないか。
今、医王寺で取り組んでいる放置竹林対策でうまれたチップ。

遠くは唐津から竹チップを求めてお客さんがいらっしゃいます。
武雄市内のYさんも「畑で使ってみる。」と関心が高い。

後は、EMを投入した中間処理水との関係。
こういったところを模索しています。

Mr.N came to play last night.
The topic : about the fertilizer.

I hear that the fertilizer that was able to be used by organic
farming was examined from the activity of LOHAS for a moment deeply
including legal respect.

Cannot you help ..something.. by the process of growing an organic
vegetable?
Chip that appeared in leaving Takebayashi measures to work in IOUJI
now.

The guest comes requesting the bamboo chip from Karatsu far.
Mr. Y in the Takeo city is high the concern , saying that "Use it in
the field".

Relation to the middle processing water that turns on EM now.
It gropes for such a place.
[PR]
by yskkyhh3 | 2006-05-24 07:12
老婆の休日
「元気なりゃこそ病院に来られる。病気になったら来られない。」
私の敬愛する落語家、桂文珍師匠の一席をタイトルに使わせてもらいました。

今朝の課内ミーティングの話題は「笑い」。
今の武雄市役所に必要なのは何か。

課長は言う。
それは「笑い」だ。

庁舎を訪れる全ての来客と笑いあえたらいいですね。
同僚職員と大声で笑える職場だったらいいですね。
議場をでたら、みんな笑い飛ばせたらいいですね。

自分の考えが通ったとか、勝ったとか、負けたとか。
真剣勝負も大事だが、笑えるときをともにしょう。

落ち込んだ経営を救ったアイデアが、
お客さんを笑わせることだったのだ。

課長のコメントは続きます。

エアバスかボーイングの実施した乗客へのサービス。
それが「笑い」のサービス。

手荷物検査場でバックの中身を検査され、嫌な思いをする乗客に、終了時に
「これはあなたのですか。」といって両手いっぱいに広げてみせるデカパン。

機内に搭乗する乗客に座って三つ指ついてお迎えするスッチー。
荷物入れを逆立ちして足で閉める技ありサービスなどなど。
え、本当ですか・・・。

ミーティング中に笑えました。
課長、このネタ、予定通り使わせてもらいましたよ。

以下、吉田茂首相のユーモアは広く知られていますね。

敗戦後、吉田茂首相はGHQに食料配給要請を出した。

「このままでは冬が越せない!食糧不足で餓死者が100万人は出る!」

450万トンの食料緊急援助を貰った日本だが、
後の計算でそんなに 食料は不足していなかったことが判明。
首相を呼びつけて怒るマッカーサーに吉田茂首相は言った。

「そんなに日本の統計が正確ならば、我々は戦争に負けてなんかいませんよ」

マッカーサーは大笑いした。

[PR]
by yskkyhh3 | 2006-05-22 22:01
武雄物産館の顔
おお、これは素晴らしい。

いいですね。
特に、
プレミアの焼酎。
お野菜ソムリエ店長ゆみが選んだ当店自慢のお野菜セット。
いい感じです。

Web担当スタッフの顔がみえるところがまたいい。庭木さん頑張れ!!
市役所職員も続こう。
[PR]
by yskkyhh3 | 2006-05-20 07:18
facilitation ファシリテーション
みんなで、武雄のわっかもんプロジェクトを成功させたいですね。
そこで、、私なりに「市民会議」で重要なことは何かを整理してみました。
少し長くなりますが、おつきあいください。

集団による知的相互作用を促進する働きをファシリテーションと言うそうです。
良い会議を得るためには、みんなでファシリテーションを実行すればいいと思います。

日本ファシリテーション協会会長の堀公俊氏は、教えてくれます。
以下、「身につけたい四つのファシリテーションスキル」から、
一部抜粋・加筆・修正しながら紹介させていただきます。

1、場のデザインスキル

会議の席のレイアウトは重要だ。
よくある失敗例が、市民、学識経験者、行政と席をきっちり分けてしまうパターン。
これでは敵対させているようなもの。
椅子をばらばらに配置するとかして、皆が話し合える空間作りが必要である。
また、会議をするにあたっての前準備も要注意。
「5つの分科会に分けましょう」とか、「代表者を決めましょう」とか、
先走って組織作りに懸命になるのもよくないようだ。
みんな最初の出会いからはじめたいのです。
成果を焦らず、お互いの関係作りに時間をかける。
その中で自然にまとめ役が出てくるのが望ましい。

2、対人関係のスキル

相手の意見をうまく引き出すこと。
感情的な発言の裏にある欲求や思いを引き出す技がそれぞれに求められます。
まず、相手の気持ちを受け止めること。
意見に「いや、・・・です。」と、すぐに気持ちを抑えるのは望ましくない。
気持ちを受け止めて、中身について話を整理しすすめればきっとうまくいく。

3、構造化のスキル

話し合いを目に見えるような形で示すこと。
ホワイトボードや模造紙に意見を書いていくこと。それを整理する。
書くことで「受け止める」効果もある。赤線なんか引くといい感じになる。

4、合意形成のスキル

議論が進み、意見が出て、どう結論づけるかは大変な作業だ。
一番もめるところでもある。
もめだしたら、出口が見えなくなったりする。
こういう時は、別の角度から話をするようにしたら良い。

さあ、みんなで、個々の立場で、ファシリテーターを実践しましょう。
すでに、市民の皆さんは、上記の手法をよくご存知かと思います。

学ぶべきは私ども。
よろしくご教示ください。

I want to make Takeo's WAKKAMON project succeed in everyone.
Then, I thought about something as for an important thing in my own
way by "Citizens conference".
[PR]
by yskkyhh3 | 2006-05-19 20:53
Parallel Universe
今晩はレッチリを聴きたい気分。
禅問答のような会議はいらない。

①「それじゃあ、スケジュールを作ってください。」と言うか。
②「それじゃあ、こちらでスケジュール作ってみますよ。」と言ってもらえるか。

会議中「スケジュールを作成すること」へのアプローチはどっちが理想だと思いますか。
どちらの言葉が、より良い仕事を導くと思いますか。
私は②を試みます。

相手の気持ちや立場を慮って会議したいものです。
今日の会議でちょっと気になったものですから。
第3者としての感想です。

決して、発言①を悪く言っているのではありません。
良い会議の仕方を考えたいのです。

以下、コーチング・コラボオフィスさんのHPから一部抜粋させていただきます。( )内は加筆しました。

参加者全員で、会議の目的が共有化されていますか? 
話す人がいつも偏っていませんか? 
会議の結果に全員が合意していますか? 
次の会議に期待がつながっていますか? 
会議のルールがないため個人(他課)攻撃になり、発言しにくい雰囲気になっていませんか? 
会議の仕方でチームワークが変わります。リーダー(会議参加者全て)の重要なスキルです。

金と時間が無駄になっている会議とは。
会議が終わってみても何が目的だったのか分からない。
会議が特定人物の「独演会」になり、結果も変わり映えしない。
参加者の「合意形成」が得られず、いつも不満の残る会議で終わっている。

効果的な会議を開くことが出来れば。
会議の目的、検討次項、時間が決まっており、限られた時間内で最大限の効果がでる。
参加者全員が積極的に発言ができ、その発言を参加者全体で認める雰囲気になっている。
会議を活性化し、チームとしての能力のUPにつながる。
会議が活性化すれば、参加者が持っている独創的、創造的な意見や提案が出る。
会議議の参加者全員が参画することによって、コミュニケーションが拡大し、職場のモラルの向上になり、チームワークの活性化にもなる。

[PR]
by yskkyhh3 | 2006-05-18 21:49