<   2006年 03月 ( 13 )   > この月の画像一覧
LOHASな旅

3月25日から28日まで、年に一度のファミリー旅行です。
妻をはじめ、みんなちょっと興奮気味。
すでに夕食を終えて、風呂も済ませて、明日に備えます。
4時半起床で、行って参りまーす。

It is a family travel from March 25 to the 28th in year once.
All excitement feelings for a moment including wife.
Supper has already been finished, the bath is finished, and it
provides tomorrow.
It goes by getting up 4:30 and it comes, and it reels and ー is done.

The photograph is last year's appearance.
[PR]
by yskkyhh3 | 2006-03-24 19:10
住基ネット本人確認情報保護審議会
本審議会委員名簿については既に県のHPでも公開であります。
このたびの会議も公開となりましたので整理し、
私なりの見解を後述したいと思います。

住民基本台帳閲覧制度の訴訟関係はおもに
金沢地方裁判所(平成17年5月30日判決)
名古屋地方裁判所(平成17年5月31日判決)
福岡地方裁判所(平成17年10月14日判決)
大阪地方裁判所(平成18年2月9日判決)
にあります。

平成18年3月20日、千葉地方裁判所は↓
http://www.nikkei.co.jp/news/shakai/20060320STXKB025220032006.html

金沢地方裁判所では、国・地方自治情報センターが一部敗訴となっています。
「住民基本台帳ネットワークシステムにより人格権やプライバシー権が侵害されている(原告に限り)」とされ、
主文に「県・地方自治情報センターは、原告らに関する本人確認事務を停止し、
磁気デスクの保存データは削除せよ」とあります。

金沢地方裁判所以外の上記は、
国・地方自治情報センターが全面勝訴となっておりますが、
「自己情報コントロール権は憲法13条で保障されたプライバシー権である」の件については、
名古屋・福岡では判断されず、金沢・大阪では認められた結果となっています。
ちなみに、損害賠償請求については、どれも国家賠償法の違法性は認められないとなっています。

ここで考えたいのは「人格権」「自己情報コントロール権」「プライバシー権」です。
プライバシー権の侵害や保障に関して、
①金沢地方裁判所、②名古屋地方裁判所では以下のような判決です。

①「私事への公開・私生活への侵入からの自由としてのプライバシーの権利は、
いわゆる人格権の一内容として憲法13条により保障されていると解すべき。
プライバシーの権利には、自己情報コントロール権が重要な一内容として含まれると解すべき。」

②「自己情報をコントロールする権利がプライバシー権となるか否かは別として、みだりに収集開示されたくないという期待は法的利益が認められる。
しかしながら、4情報については、台帳閲覧や住民票交付が認められており秘匿される必要性が高いとは言えない。」

本国会で住民基本台帳法の改正案がだされています。
これまで公開原則だった住民基本台帳上の個人情報が、
個人情報保護に十分留意した制度として再構築されるならば、
制度上4情報の公開が大幅に制限されることになろうかと思われます。

①②に関して個人的な見解を述べさせていただくなら、
自己情報をコントロールする権利が大きくクローズアップされ、
「秘匿される必要性が高いと言えない」ところの4情報も制度上、
個人のコントロール権が及ぶ方向にシフトすることになっていこうかと思われます。

こうなっていくと個人情報保護法に住民基本台帳法もぐっと近づくという言い方も出てきて、
これはこれで整理がついてよいと思うのですが、
これだけで個人情報に関する問題が解決できるのでありましょうか。

私は消極です。

個人的な意見ではなはだ恐縮ですが、
役所の窓口で住民基本台帳上の個人情報が制限(営利目的公開制限)できても、
個人情報を利用した「迷惑行為」が問題の根源にある限り解決し得るとは言い難く、
DMが総じて「迷惑」であるとは限らないわけでありましょうし、
迷惑と思う人のために限定的にどうすべきかが肝心であろうかと思う訳です。

巷では、個人情報はあらゆるところから収集されています。
流出させている張本人は誰か。
それはその人自身である場合が大半だとも考えられます。

答えは簡単。
アンンケートを書いた事はおありでしょう。

4情報は社会とつながっている場合がほとんどです。
私たちは日常生活のいろんなところで、
氏名・住所・電話番号・男女別・年齢を出しています。

もっとも、シチュエーションによっては秘匿性の高い場合もあるでしょうが、
通常の生活の上では、4情報はオープンの場合がほとんどです。

こういった事から、
19年度以降、迷惑なDM件数は減ると思いますか。
個人情報の流通が減ると思いますか。
個人情報の流出といった苦情が減ると思いますか。

予想は否です。

では、どうすれば解決に近づくか。
誤解を恐れず、大胆に述べさせていただくのなら、
以下の2点に着目です。

①ADRによる解決。

個人情報に関する苦情を迅速に扱う第3者機関の機能充実です。
DMを迷惑と感じる人とDM発信業者とがうまくいけばよいのです。
これを取り持つのがADR。

②一般公衆回線上を流れる個人情報の自己コントロール

これは以前、新井康平佐賀大学理工学部教授が研究発表なさっておられたところのものです。
いよいよ試験的になさるというお話をお伺いいたしました。
機会あれば何かのお役に立ちたいと申し上げたところでございます。

この辺りで・・・・。
b0014152_9531352.jpgb0014152_9533565.jpg

写真は致遠館中学卒業式で在校生全員にくださった紅白餅です。
家族でありがたく頂戴しました。
校章入りです。
長男はこの春2年生。

As for this list of names of the committee of council, HP of the
prefecture is already opening to the public.
It wants also to have opened this conference to the public and it
arranges, and to describe the opinion of my own way later.

The lawsuit relation of the basic resident register inspection system
is chiefly in Kanazawa district court (decision on May 30, 2005)
Nagoya district court (decision on May 31, 2005) Fukuoka district
court (decision on October 14, 2005) Osaka district court (decision
on February 9, 2006).

In the Kanazawa district court, a part of country and the home rule clearing house are lost cases.
It is assumed, "The character right and the privacy right are violated by the resident registry network system (Only the plaintiff :)", and exists in the text , saying that "The prefecture and the home rule clearing house must stop the personal identification clerical work concerning plaintiffs, and delete the preservation data of a magnetic desk".

Three above-mentioneds other than the Kanazawa district court
Though the country and the home rule clearing house are the overall winning the case
It is a result of no judgment of the matter of "The self-information control right is a
privacy right secured by Article 13 of the constitution" in Nagoya and Fukuoka, and the
admissions in Kanazawa and Osaka.
By the way, all becomes it illegal of State Redress Law of the claim if not admitted.

It is "Character right", "Self-information control right", and "Privacy right. "
to want to think here.
For the violation and the security of the privacy right
?They are the following decisions in @ Kanazawa district court and the ?A
Nagoya district court.

?@「The right of privacy as freedom from the invasion to opening to the public and the
private life to the personal matter should be understood as security as one content of a
so-called character right by Article 13 of the constitution. It should be understood that
the self-information control right is included in the right to privacy as one important
content. 」

?A「As for the expectation that the collection indication doesn't want to be done recklessly, a legal profit is admitted except whether the right to control self-information becomes a privacy right. The ledger inspection the resident's card delivery is high, and however, four information necessarily is admitted and is not high the necessity hided secretly. 」

The amendment bill of Law of the Basic Resident Registers has been
shown in the own country association.
Up to now, it has seemed that be greatly limited disclosing four
information in the system if individual information on the basic
resident register that is the principle of opening to the public is
restructured as a system that notes protection of individual
information enough.

?The right to control self-information is greatly closed up, and if @?A will
make personal remarks, it is supposed to shift in the direction in which a
control right individual in the system extends it and it seems that a long
ages as many as four information "It cannot be said that the necessity hided
secretly is high".

shall. it is possible to solve the problem concerning individual information only
this it, think that you may come out also the expression that Law of the Basic
Resident Registers approaches Act for Protection of Computer Processed Personal Data
held by Administrative Organs with a jerk, and attach the arrangement in itself when
becoming it so

I am a depolarization.

Very excuse me, in the one's personal observation
It is a translation thought that how it is necessary to do limitedly
difficult to say to be able to solve as long as "Trouble act" using
individual information is in the root of the problem even if individual
information on the basic resident register can be limited at the window of
the public office (limitation of the profit-pursuing purpose opening to the
public) for the person because of no "Trouble" generally DM who thinks the
trouble of it might be essential.

Individual information is collected from all places on the street.
Who is the ringleader who is flowing out?
It is thought that the case who is the person is the majority.

The answer is easy.
Might the thing to write Anncat.

In four information, the case connected with the society is most.
We : in various places of daily life.
The name, the address, the telephone number, by sex, and the age have
been put out.

However, after it lives usually, the case of the opening is most
according to the situation will be likely in four information.

From such a thing
Is it thought the DM number to be decreasing no trouble 19 fiscal
year after?
Do you think that the circulation of individual information decreases?

Do you think that the complaint of outflow of individual information
decreases?

The expectation is no.

Then, do you approximate a solution if it does very?
It is the following two points. will not fear the misunderstanding,
and describe boldly

?Solution by @ADR.

It is function of the third person organization that promptly treats
the complaint concerning individual information enhancement.
The person and the DM sending trader who feels DM a trouble only have
to succeed.
It is ADR to receive this.

?Self-control of individual information that flows on A general public circuit

It is the one that the research announcement was done to the professor of Arai
Yasshihira Sagadaigaccotowari Department of Engineering at before this.
The talk of finally keeping experimental also visited.
I said that it wanted to help something in case of being at the chance.

・・・・ around here.
[PR]
by yskkyhh3 | 2006-03-21 21:41
開花の気配


b0014152_2241737.jpg
今日はよい一日でした。
午前、午後と気の合う良い人たちと過ごす時間はあっという間です。

今にも桜が咲きそうです。

It was a good day today.
The time spent with good people whom the afternoon and the nature in the
morning suit is instant.

Cherry blossoms seem to be going to bloom at any moment.
[PR]
by yskkyhh3 | 2006-03-19 22:08
桜山公園
b0014152_21202435.jpg
久方ぶりに石井良一先生著の武雄史をめくった。
「山口尚芳」氏について調べたかったからである。

しかし、武雄温泉 桜山公園のところで止まった。
森日向正清貞について、目に止まったからだ。

この続きは後ほどに・・・。
[PR]
by yskkyhh3 | 2006-03-18 21:21
LOHAS 大和田順子さま
デパートでの竹細工品の取り扱い量はどれくらいなのでしょうか。

見かけるのは、産業まつりなどでの露天商で、
「ざる」や「そうけ」などです。

籠を撮ってみました。

地元でソウケヤさんと呼ばれていたT家。
T家のおじいちゃん、竹細工を教えてくれないだろうか。

The amount of handling in the department store of the bamboo wares goods be how
much?

It is" and "Disregard it so ZARU, SOUKE, etc. in the roadside stand such
as industrial festivals that I see.

The basket was taken.

Mr. T in local.
Will not teach bamboo wares by you?
b0014152_22372255.jpgb0014152_22374320.jpg
[PR]
by yskkyhh3 | 2006-03-16 22:02
NPO 竹 LOHAS 森
b0014152_0224820.jpg
あまりに唐突なタイトルで恐縮です。

今日「杵島山竹林再生」の話を持って、
NPOの方がお見えになりました。

予算の話はいっさいなし。
竹林再生事業は、「土」と「風」があう場所のようです。

地元の者とゲストとが、
竹林・山林でのひとときをともにしながら、
タケノコや竹炭を楽しむスタイルは全国的です。
ウェブの上でも検索するのは簡単です。

日本初とか世界一とかといった価値観にはほど遠く、
イベント的に表面のみをみれば地味で話題性もありません。

もはや「森を保全すること」は崇高な精神の持ち主にのみ、宿るのか。
「まちづくりはみちづくり」と言ったような台詞が軽薄に聞こえる今日この頃です。

雑木林に浸食する竹の猛威は、圧倒的ですらあります。
このまま竹林として整備した方がよいと思えるくらいに広がります。

人が集まることはよいこと。
でも、直面するのは現実。

婦人会や地区から「炊き出し」をするという話はよく聞きます。
実はこちらの方が「大変なのですよ。」

「道具も貸してくださいますでしょうか。」
ゲストは手ぶらでお越しなさるのですか。

何から何まで地元の方々が完全奉仕で用意されること、
これはLOHAS的な発想ではありませんね。

「森に入る」方々の気持ちは皆同じ。
地元人のホスピタリティの向上。
これが大事。

いわゆる「田舎体験」が、補助金ばらまきの
過剰なサービスで失敗を招いていたと分析すれば、
今後どのようにしなければならないか自明の事です。

ゲストを満たすものは何か。
ゲストは何を求めてくるのか。

さて、如何しましょうか。
どなたか、名案をお寄せくださいませんか。
持続可能な竹林再生事業のために。

It is grateful by a too abrupt title.

NPO came with the story of "Kishimayama takebayashi reproduction"
today.

All stories of the budget are none.
The Takebayashi reproduction business is like the place that "Soil" and "Style"
encounter.

The person and the guest in local
The style that enjoys the bamboo shoot and Takesmi while both doing
time in Takebayashi and the forest is nationwide.
It is easy to retrieve it also on the web.

Japan..first..sense of values..far..event..surface..see..sober..
topicality..provide.

Has "The forest is maintained" already stayed only in exalted spirit's owner?
It is nowadays. at the time of frivolously hear the dialog said, "The
waiting-making is Michi-making"

The violence of the bamboo that erodes to the coppice is even
overwhelming and exists.
It extends by seem should your untouched maintenance as Takebayashi.

It must be good that the person gathers.
However, it is a reality that faces.

The story of doing "Distribute the boiled rice" from the women's
association and the district is often heard.
To tell the truth, here :. "It is serious. "

"Is the tool lent?"
Does the guest come with nothing in the hands?

This is not LOHAS conception. be prepared the people in local from
what to what by complete service

All feelings "Enter the forest" everywhere are the same.
Improvement of local person's Hospitality.
This is important.

How it will be necessary to do in the future is evidence if it is
assumed that so-called "Country experience" caused the failure by
excessive service of the subsidy rose rolling.

What is the one to fill the guest?
What does the guest request?

Well, how shall I do?
Someone, will you send the good idea?
For a sustainable Takebayashi reproduction business.
[PR]
by yskkyhh3 | 2006-03-15 00:23
Latch
b0014152_22595577.jpg
b0014152_2301242.jpg

Power Mac G5のラッチをあげれば、美しい基盤や部品配置が覗ける。
武雄のラッチはどこにあるのだろうか・・・。

今日は休日。
妻と息子とで、センチュリーホテルのお風呂にいった。

夜なのに昼よりまぶしいワンダーランドの電飾の前を通って、
御船山を左手に拝しながら、ユートクの角を左折し小道へ。

いつものルートである。

でも、夜のお風呂は久しぶりのことである。
ゆっくりさせてもらって、20時。

せっかくだから、旧道の様子を伺って帰ろうか。
予想はしていたが、シャッターの閉じられた町並みは静かである。

信号が赤になった。
自動車は停止する。
横断者は皆無。

視線は温泉通り入口の「オレンジ通り」の看板に移る。
橙色の街灯に、鈍く、照らされている。

消灯したお店の壁をぼんやり照らす街灯。
なぜかしら寂しさが強調される。

私の中では、60年代後半から70年代の街のイメージ。
10年前からあまり変わらない夜景か。

意図あってのことなら面白い。
次の手を探りたくなる。

無策であれば、早急な対策を要すだろう。

信号が青になった。ゆっくり左折。
温泉通り。

数件のお店に明かりが灯っていた。
なかなか感じの良いお店だ。少し安心。

人は歩いていない。まだ、宵の口だからだろうか。
閑静な雰囲気で、高級な温泉地という感じだ。

でもすぐに、原色を使った2枚の看板が目についた。
どうしてもフロントガラス越しに視野に入る。

この看板は裏通りで映えるのに・・・。
それなりの雰囲気を持っているのだから・・・。

武雄温泉楼門付近。

これが武雄温泉の土曜の夜か・・・。
特段のイベントは何も起こらず、素通り。

右折し、再び旧道にでる。
武雄温泉駅を右手に高橋方面へ向かう。

マックスバリューやツタヤは活気がある。
通りがにぎやかになった。

武雄ロードサイド夜間見物終了。

ラッチを探そう。
これからが楽しみだ。

It is possible to peep at a beautiful base and the part arrangement
if the latch of Power Mac G5 is given.
Where is Takeo's latch?

It is holiday today.
It said to the bath at the Century hotel by the wife and the son.

Turn to the left in the corner of Yutoc while worshiping the Mt.
Mifune to the left hand before electric spectaculars of a dazzling
wonderland from daytime though the night and to the footpath.

It is the usual route.

However, the bath of the night is after a long time.
Slowly, and will 20 o'clock.

Let's hear the appearance of the old road because it is special and
return.
The town where the shutter was shut is quiet though it expected.

The signal became red.
The car stops.
Those who cross are none at all.

The glance moves to the signboard of" of the hot spring street
entrance "According to orange.
It is compared with the streetlight of the orange color slow.

Streetlight that dimly shines on wall of shop turned off.
...oak.. solitariness is emphasized why.

The town from the latter half of 60's to 70's is imaged in me.
Is it scenery that doesn't change so much for ten years at night?

It is interesting if there is an intention and it does.
It comes to want to feel for the following hand.

If it is a lack of policy, immediate measures might be required.

The signal became blue. Slow left turn.
Hot spring street.

The light was in several shops and there was a light.
It is a quite pleasant shop. It is a little safe.

However, the person is not walking. Is it still because it is a shank
of the evening?
It is still atmosphere, and feeling of high-level hot spring ground.

However, two signboards that used the primary color at once were
noticeable.
It comes within the sweep to the windshield by all means.

To shining of this signboard in the back street.
Because it has moderate atmosphere.

The vicinity of hot spring of Takeo grand gate.

Is this Saturday night of the hot spring of Takeo?
Any event in special steps doesn't happen, and pass by.

It turns to the right, and old road again.
Toward the Takahashi district. the right hand of the hot spring of Takeo
station

The max value and Tstaya are lively.
The street became lively.

Seeing end between Takeo roadside nights.

I will look for the latch.
The future is the enjoyment.
[PR]
by yskkyhh3 | 2006-03-11 22:51
石丸三郎先生
b0014152_22444681.jpg
「教育の灯」の執筆者石丸三郎先生は、
私の尊敬する人である。

久しぶりにお会いした。
お元気そうで何より。

お年は満79歳。

茶をゆっくりと口に運ばれて、
一服。

正しい日本語の発音。
ゆっくりと、そして柔らかい。

時には力強く、固く、
そして、時に悲しい。

先生のお話はつづく。
ゆっくりとした時間の共有。

先生に報告した。
「教育の灯の閲覧が、一日60件くらいです。」

うなづきながら、「ああ、そうですか。」
先生から満面の笑みをいただいた。

私はこういう年寄りになりたい。

【3/07(火)のgooblogで閲覧数:65 pv】

Writer Ishimaru Saburo of "Light of the education" is a person whom I
respect.

It met after a long time.
It seems to be energetic and above all.

The age is full 79 years old.

Tea is slowly carried to the mouth, and a smoke is had.

Pronunciation of correct Japanese.
Slowly, it is and soft.

It is powerful at times, hard, and it is sad in time.

The teacher's talk continues.
Sharing of leisurely hours.

It reported to the teacher.
"The inspection of the light of the education is about 60 a day. "

I got the smile of the whole face from "Ah is it so?" teacher nodding.

I want to become such an elderly person.

[PR]
by yskkyhh3 | 2006-03-09 22:44
梅の香
17時40分。

自動車を車庫に入れ終え、ドアをあけたら、
ほのかな香りがした。

梅だ。

香りに誘われて、
車庫の裏手の山に目をやると、
夕刻というのに、
一面に明るい光景が広がった。

満開か。

整然と剪定された梅の木に、
見事な白い花が咲いている。

父の腕は確かだ。
香りまですばらしい。

畑にいる父に品種をきいてみた。
「白加賀」と「南高」というらしい。
続けて、
「今年は開花が遅い」そうである。

花を愛でる父の趣向にちょっとだけ近づけた気になった。

17:40.

When it finished putting the car in the garage, and the door was
opened, a faint smell did.

It is a plum tree.

It is invited to the smell.
A bright spectacle extended all over in the evening when the mountain
in the back in the garage was looked.

Is it full-bloomed?

A splendid, white flower is in blossom in the tree of the plum tree
pruned in an orderly manner.

Father's arm is certain.
Even the smell is wonderful.

It is ..kind.. effective in father in the field.
It seems to be said, "White Kaga" and "..south.. height". "Flowering
is late this year" is so continuously.

It felt like had brought the little bit close to the idea of father who enjoyed
the beauty of the flowers.



b0014152_19574418.jpgb0014152_1958350.jpg
[PR]
by yskkyhh3 | 2006-03-08 19:58
本庁の雰囲気
昨日、午前中に本庁の企画部を訪問した。
まずは、おひとり、おひとりに新しい名刺を渡してご挨拶。
(ご多忙中で渡せなかった方、すみません。)

既に顔なじみの方々が大半だ。
互いに笑いながら名刺交換。

広々として、明るくなった。
皆さんの表情も明るく、清々しい。
始終笑いの絶えない職場だ。

支所の雰囲気とはまた違って、
にぎやかである。
これもまた良し。

変わって午後からは、本庁から企画部7名の皆さんが支所訪問。
応接室にて概要説明。
その後、現場案内。

杵島山から四季の丘公園、石炭資料館に足を運んでいただいた。

手前ども支所の3人とともに、
10名は一塊となって同じ方向に同じ歩調で歩き出した。
それも、ゆっくりと談笑しながら。

これから良い仕事ができる予感がする。
何かが変わっている。
「停滞」ではないのは明らかなようだ。

既に、人物の気配を感じる。

Planning Division in this agency was visited in the morning yesterday.

First of all, a new business card is passed to one and one and it
greets it.
(I'm sorry that it was not possible to pass it busily. )

The people with familiar face are already the majority.
It exchanges it the business card while mutually laughing.

It has lightened as spaciousness.
Your expression is bright, and fresh, too.
It is an office where laughter doesn't always discontinue.

It is lively differing from the atmosphere of the branch office again.

This is also good.

Change and branch office visit of Planning Division you seven in
afternoon from this agency.
Outline explanation in reception room.
Guide afterwards on site.

It visited the hill park and the coal material pavilion of the four seasons
from the Mt. Kishima.

With three person ..this side.. branch office
Ten people became one mass and began to walk by the same pace as the
same direction.
It also : while slowly chatting.

The presentiment that good work can be done in the future does.
Something has changed.
No "Stagnation" it Clearly. seem

I have already felt person's sign.
[PR]
by yskkyhh3 | 2006-03-08 06:46