<   2006年 01月 ( 16 )   > この月の画像一覧
iMac intel は、確かに速い
iMacG5。
完成されたすばらしいモデルでした。
過去形となるのには理由があります。

G5は本日午前、私の手元を離れ、大町の義兄の所に納品となる予定で、
既に梱包済みです。

実は、これを書いているのは、
インテル製プロセッサー搭載のiMacの仕業なのであります。

別の話ですが、このブログの表示は遅すぎますね。
原因を調べてみます。
お待たせすることなく、少しでも快適にご覧いただくように改善を試みます。

しばらくお時間ください。
[PR]
by yskkyhh3 | 2006-01-29 06:10
だらり急。急だらり。
これは仕事の話だ。そして、所作のことだ。

今まで淡々んと準備してきたこと、
積み重ねてきたことを、
何らかのきっかけで、
「さっと」決断し、実行する。

これが、「だらり急」。

恩師、石丸三郎先生から教えていただいた言葉である。
仕事はかくあるべきであると・・・。

今日、そのことを実感した。

混沌とした状況のなかに、
まばゆい衝撃波が走ったとでもいおうか。
ものすごく明快だ。速い。

これは自分の動きがゆっくりのときの感じ方。

今日は、わたしの動きも加速度的にはやくなった。
と、実感する。
同じ方向に同じ速さで進めば、相対的な速度はゼロ。
目的に、合わせた力で進める。

会話する。
握手する。
同期する。

たくさんの力が同じ方向を向いて、作用すれば良い。
これが協働だと思った。

しびれます。
[PR]
by yskkyhh3 | 2006-01-27 21:53
否定と肯定
朝の身支度でネクタイをしめていたら、傍らのクリップボードに目がいった。
妻がクリップしているものだ。
そこに紙切れがあった。
こう書いてある。

「座右の銘」
夢なき者に 目標なし
目標なき者に 計画なし
計画なき者に 行動なし
行動なき者に 成果なし
成果なき者に 幸福なし

私はこう読んだ。
夢ある者に 目標あり
目標ある者に 計画あり
計画ある者に 行動あり
行動ある者に 成果あり
成果ある者に 幸福あり

皆さんはどう読まれましたか。
[PR]
by yskkyhh3 | 2006-01-26 07:32
「きたがた未来まちづくり」と「タウン・コンパス」
2つの団体。
北方町まちづくり構想策定を目指した、コラボレーションです。

タウン・コンパスは、これまで広範囲でまちづくりの構想策定に携わってきました。
一方、きたがた未来まちづくりは、昨年夏から結成された、いわば地元の新鋭です。
「住民提案型」の新しいまちづくり構想のモデル事業として、いま、注目をあつめています。

昨日、代表者会議が開かれました。
具体的なことは、現時点で公開できませんが、
1月20日の住民20名での意見交換会を経て、いよいよ仕上げ段階。

2月10日が期限です。期待していますよ。
[PR]
by yskkyhh3 | 2006-01-26 06:57
LOHASのすすめ by K&K MORI
日本をLOHASに変える30の方法(講談社)が完売になったというメールが届きました。
誠におめでとうございます。
内容が公開されておりますので、こちらのブログでも取り上げさせていただきたいと思います。
以下、一部抜粋です。

【40の事例でとりあげている企業・団体】からは↓

 食(10):マクロビカフェ/伊那食品/精華堂あられ/マヴィ
     ナチュラルシーズ/スノーフィールドカフェ
     Izze(米国)/CLIF(米国)
     食育サポートマガジン「笑う食卓」
     ホールフーズマーケット(米国) 
 
 衣料・生活雑貨(6):メイドインアース/ピープルツリー
     生活の木/池内タオル/センスオブライフ
     GAIAM(米国) 
  
 住(5):オークヴィレッジ/ワイスワイス
     インターオフィス/安土建築工房/オクタ 

 代替医療(3):えゆるサロン/笑顔と呼吸法/ファルマカ(米国)
 
 エネルギー(3):自然エネルギー・コム/松村製作所/油藤商事 

 持続可能性(5):持続可能性に関する科学技術調査
     Make LOHAS(東京ガス)/COOP AMERICA(米国)
     ジャパン・フォー・サステナビリティ
     パブリックリソースセンター

 まちづくり・エコツアー(8):星のや 軽井沢/北の屋台
     地球の芽/足利フラワーパーク/南部川村森林組合
     レインボーリング/グリーンバード/NaYOGA 


【十人十色のLOHAS -「私にとってLOHASとは」−】からは↓

 「健康でハッピーで、しかも持続可能な暮らしかたは、
  日本人ならだれでも自然にそれを実行してきたことだ。
  ここ30年ほどで捨てたものをベンチャービジネスが
  新産業として育てなおしている。
  そー言えば、愛知万博もLOHASだったな!」
  作家 荒俣宏さん

 「資源の浪費や環境負荷を減らす努力や、
  食生活の文化を通しての人間教育といった
  問題点を解決するすべを身につけることは、
  人間らしく生きることになると思います。
  LOHASそして食育を推進したいものです。」 
  服部栄養専門学校理事長・校長 服部幸應さん

 「物質的に豊かな、享楽的、酔生夢死的、
  よどみに浮かぶ泡のごとき人生を送ることを断固としてしりぞけ、
  自主的に簡素で、エレガントで、花鳥風月、飛花落葉を愛で、
  エコハイテクにサポートされた生活を選び、
  世のため人のために働くことを無上の喜びと考える
  生き方がLOHASではないか。」 
  東京大学生産技術研究所教授 山本良一さん

いかがでしょうか。

私としては荒俣宏さんのコメント、
「・・・(日本が)ここ30年ほどで捨てたものをベンチャービジネスが新産業として育てなおしている。」あたりでぐっとくるものがあります。
また、 第3章LOHAS層に愛される発想のヒント —企業・団体・自治体の事例—
での団体・自治体はチェックしておきたいところでございます。
[PR]
by yskkyhh3 | 2006-01-25 05:53
スウェーデンの実像
%u30B9%u30A6%u30A7%u30FC%u30C7%u30F3%u306E%u5B9F%u50CF

消費税25%の国、スウェーデン。

>スウェーデンの制度は本質的にはスウェーデンのものであって、われわれ日本人のではないということです。結局は、日本の条件の下で、われわれ自身が考え実践していく他ないと思います。

まさに、この通りですね。
[PR]
by yskkyhh3 | 2006-01-23 06:35
テレビ【日本のこれから】
久しぶりにテレビを見た。
何気なくスイッチを入れると、NHKだった。
後で調べたことだが「日本のこれから」という番組らしい。

この手の番組は昔からあってリビングではそれなりに楽しめるのである。
私ども庶民の意見と行政やジャーナリストの「大激論」ナノであるが
いろいろ発見したことがある。

キャスティングが面白い。
開業医や建設業と同列に「フリーター」と名札をつけた人がいる。
また、「NPO法人」の肩書きをつけた人もいた。

フリーターと呼ばれ、自らも認めてテレビ出演し、意見する。
もはやそれが生きるスタイルなのだろう。
フリーターの考えとしてフィルタリングされ、放送される。
おそらくこれからもそうであろう。

そのうち生活困窮者と名札をつけた人も出てくるのだろうか。

スタジオはフリートークにちかい形だ。
司会者も大変だったろう。
まとめようにもまとまらない。
混沌とした言葉の中に出演者たちは何かを見つけられただろうか。

こんな状況の中で、
唯一拍手があったのが「NPO法人」の発言だった。
確か「・・・共に助け合っていかなければならない。」といったあとだったと思う。

この拍手の意味をどうとらえるか。

こういう当たり前でかつ一番大切なことをあえて発言しなければいけないくらいにきている現実。
それを市民ボランテアとおぼしき人の発言によって会場内の共感が得られたこと。
(NPO法人にもいろいろあるのだろうけどそのことは別として・・・。)

時代の先導は、実はこんな人たちにゆだねられているのかも知れない。
このことを国づくりのリーダーはどう受け止めただろうか。

以下番組案内からの抜粋である。

01/21(土) 後07:30 >> 後10:30  NHK総合
[S][H]  ドキュメンタリー・教養/その他

市民が谷垣財務大臣が室井佑月が税金をめぐってナマ大激論▽番組初の仕掛けあり▽どうする借金770兆▽賛否両論・8億円の税金を使って健康施設▽増税回避の秘策は?▽近未来予測・X年後の暮らしはこう変わる▽消費税はどうなる!▽庶民VS富裕層バトル▽携帯生アンケート▽FAX03(5455)7777▽ご意見募集中(中断8:45[N][天])
出演者/谷垣禎一 室井佑月  司会/三宅民夫

谷垣財務相を招き、日本の税制の在り方を徹底討論する。国と地方を合わせた借金は774兆円に達し、日本はかつてない財政危機に直面している。そうした中、政府は税収増を図るため来年度からサラリーマンの定率減税の全廃を決定、消費税の引き上げも視野に入れた税制改革議論も本格化しそうだ。なぜ借金がこれほど膨れ上がったのか再点検するとともに、歳出削減と増税が弱者切り捨てにならないか、社会保障のレベル低下はやむを得ないのかなど、税金の使い方、国・行政の在り方について議論する。

[PR]
by yskkyhh3 | 2006-01-21 23:50
LOHASなひとたち
2005年12月20日
LOHASなひとたち
大和田順子氏からコメントをいただきました。
大変うれしく思っております。
今後ともよろしくご教示ください。

「LOHAS入門講座」拝読させていただいております。
印象的な箇所を記述したいと思います。

▼LOHAS層は、
1 グリーンコンシューマーとは異なり、個人の欲求が満たされることを重視する。
2 スローライフ志向層よりは消費意欲が高い。

▼特徴は、
1 健康に関心が高い
2 環境問題に関心が高く、実際に行動している。
3 自己を高める意欲がある。
4 購買意欲が高い
5 消費行動において、自分の物差しを持っている。
6 企業評価を商品のみではなく、環境や社会問題への取り組みから行なう。
7 品質・デザインへの関心も高い。

「高い」という文字が幾度となく使われております。
こちらの気分もなんだか高まってまいります。
こういったところも「スローライフ志向層」とは幾分異なるところでしょう。
4 あたりでグッときます。美味い仕掛けですね。おさえは7。
でも大半は「安い」ほうへ流れるのですよね。
このあたりの微妙なバランス操作が今後の課題となりそうですね。

▼調査・現況は、
1 日本人の約3割がLOHAS層に該当する。
2 星野リゾート(トマム・ガレリアタワースウィート)はLOHAS企業である。

作シーズンのスキー家族旅行でお世話になりました。
とっても満足。
今シーズンもトマム・ガレリアです。
LOHAS企業だったのですね。
今から楽しみです。

▼他のキーワードは、 
1 持続可能性に配慮。
2 原料の産地・プロセス・廃棄の仕方の情報をオープンにする企業。
3 顧客との長年にわたる信頼関係に力を注ぐ。
4 取引先とは互いに尊敬し、互いの発展に努める。
5 従業員を大切にしているか。
[PR]
by yskkyhh3 | 2006-01-20 05:39
LOHASてきなまちづくり
2005年12月19日
LOHASてきなまちづくり
LOHASの「メルマガ」と「LOHAS入門講座」に登録いたしました。
大和田順子氏のブログに「LOHASなまちづくり関連の情報をお伝えする」旨あったからです。

一口にローハス・ロハスといっても、その言葉の向こう側は広く深いもののようです。

「診療報酬3.16パーセント下げ、医療費国庫負担2400億削減ね。介護報酬も・・・。」
という妻に「ローハスって聞いたことあるね?」と問うたところ「靴屋?」とのこたえ。
いいですねぇ。こういう感じがまさにLOHAS的ではありませんか?

ちなみに妻の手はあかぎれです。
誰よりも早く起きて掃除・洗濯・朝ご飯の支度を毎日欠かさない妻の手。
触るとざらざらしています。
敬服しております。今朝も元気に子供達は学校に行きました。
大和田さんの手はどうですか。

LOHASとは
「Lifestyles of Health and Sustainability の頭文字をとった略語で、健康を重視し、持続可能な社会生活を心がける生活スタイル「LOHAS」ローハス(ロハス)が米国で注目されている。日本でこんなレポートを紹介したのが、消費生活アドバイザー 大和田順子氏で、2002年9月21日付日本経済新聞でレポートしたのがきっかけとなり、最近ではしばしば目にするキーワードとなりました。」

音楽の分野では坂本龍一教授が知られていますね。よくわかります。
[PR]
by yskkyhh3 | 2006-01-20 05:38
石井良一先生著 「武雄史」を読む 〈橋下村歓喜寺銅造薬師像〉
2005年10月01日
石井良一先生著 「武雄史」を読む 〈橋下村歓喜寺銅造薬師像〉
 以前紹介した松尾禎作先生の序文「〜橋下村熊野神社神宮寺の焼薬師とか、勇猛寺の仁安三年倶利伽羅不動碑とか〜遺物遺跡が相次いで再認識されつつある〜」を拝読させていただいてから長い時が経ちました。
 本日、やっと現場に行く機会に恵まれました。

 歓喜寺の本尊であります「銅造薬師如来像」の拝観です。
 私の目的は、この通称「焼き薬師さん」の背中を画像におさめる事です。
 照明さんの手助けで文字がくっきりと見えます。
  
[PR]
by yskkyhh3 | 2006-01-20 05:37