巨大野生イノシシと丹波笹山 空山スカイさんより
ゴルフを通じて知り合った空山スカイさん。
リタイアなさってシドニーでの生活を楽しんでいらっしゃる日本人のおひとりだ。

さて、今日は空山さんからのメールマガジン「シドニー便り 巨大野生イノシシ」
をご紹介したい。

原文そのままに。


関西では 猪(イノシシ)といえば 古くから兵庫県、丹波笹山が有名です。
が・・・これほど巨大なイノシシは 見たことがありません、 
Gigantic 巨大! 必見に値するとおもいます・・・

冬の初め、丹波笹山に「山椒焼き料理」&「ぼたん鍋料理」を食べにいった思い出があります。・・・・イノシシの肉を使った料理です。
正直言えば イノシシの肉は くさくて鼻にツーンときました。
今日的若者のセリフなら・・・・ちょっと “びびります”
最近では 臭みのないイノシシ料理を提供するレストランが関西に増えつつあるそうです。
欧米人は Good For  BBQ ? とかの冗談が言えますが、
我々 草食好みの日本人セリフは “バーベキューにしたら美味しいぞ! ” 
というようなセリフはとっさに浮かびません。
鶏肉程度で辛抱します・・・と・・・ひ弱い声が聞こえそうです。
肉食人種と草食人種の違いを少し感じます。 それにしても・・・やはり大きいですね。


また、私は'Wild Boar'と訳していたが、土地によって言い方が違うらしい。


(wild)boar とは いわずに アフリカ産は warthog
アメリカ産は razorback というそうです。


とのことである。
写真は空山さんのお許しを得ている。

ご覧になりたい方は↓
下記Moreよりどうぞ。




b0014152_5412138.jpg



b0014152_542323.jpg



b0014152_5424087.jpg



b0014152_5432158.jpg


Kelly Cabin Canyon、California USA
[PR]
by yskkyhh3 | 2009-08-24 05:45
<< 豪州 いよいよ日本へ緑茶を輸出か 多文化主義はすでに日本人のなか... >>